@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筋紡錘【キンボウスイ】

デジタル大辞泉

きん‐ぼうすい〔‐バウスイ〕【筋紡×錘】
骨格筋内部にある紡錘形受容器神経と連絡しており、筋肉の収縮状態を伝えて、脊髄反射を介しての姿勢・運動の調節に重要な働きをする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

筋紡錘
 骨格筋の伸展程度を感知する特殊な装置で,一般の筋線(繊)維と隔離された特殊な筋線(繊)維束.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんぼうすい【筋紡錘 muscle spindle】
骨格筋のなかにあって,その伸縮状態を感知する受容器。筋肉中に横紋筋繊維と並行して存在する紡錘形の囊状構造物で,内部に数本の錘内筋繊維を含む。錘内筋繊維の両端部は横紋があり,ガンマ繊維という細い運動神経繊維からのインパルスにより収縮する。錘内筋繊維の中央部には横紋がなく,感覚神経繊維の末端が入りこんでおり,骨格筋が伸長されると錘内筋繊維も伸長され感覚神経末端が興奮してインパルスを発生する。インパルスの頻度は筋肉の伸長の度合に応じて変化する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

筋紡錘
きんぼうすい
muscle spindle

脊椎(せきつい)動物の骨格筋中にある機械受容器の一種。紡錘形をした自己受容器で、筋紡錘体ともいう。横紋筋繊維と並列になった数本の特殊な筋繊維(錘内繊維)に感覚神経末端がついたもので、筋肉の伸張に応じて求心性インパルスを中枢に送る。錘内繊維の両端近くには運動繊維(γ(ガンマ)遠心性繊維)の終末があり、錘内繊維の長さを調節する。筋紡錘は脊髄(せきずい)反射を介して姿勢の制御や運動の調節に重要な働きをする。

[村上 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐ぼうすい ‥バウスイ【筋紡錘】
〘名〙 横紋筋の内部にあって、筋肉の収縮状態を中枢神経に伝える受容器。細長い紡錘形で、周囲の筋繊維と平行して走る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筋紡錘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筋紡錘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation