@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筑後(市)【ちくご】

日本大百科全書(ニッポニカ)

筑後(市)
ちくご

福岡県南西部にある都市。1954年(昭和29)羽犬塚(はいぬづか)町と水田(みずた)、古川(ふるかわ)2村と岡山村の一部が合併して市制施行。1955年西牟田(にしむた)町と下広川(しもひろかわ)村の一部を編入。低い洪積台地と矢部川(やべがわ)の扇状地からなり、西端部は低湿なクリーク地帯で、JR九州新幹線と鹿児島本線が南北に通じ、筑後船小屋(ふなごや)駅で接続している。一方、国道209号と442号が市中心部で交差している。近くに九州自動車道八女(やめ)インターチェンジもある。主産業は稲作を中心とした農業で、台地上では茶、果樹栽培や野菜園芸、畜産などが、クリーク地帯ではイグサ栽培が盛んで、花莚(はなむしろ)、畳表加工が行われている。工業は地場産業の久留米絣(くるめがすり)をはじめ食品加工、機械、家具製造業などがあるが、全体的に小規模である。見どころとして国指定史跡の石人山古墳(せきじんざんこふん)や裏山(うらやま)遺跡、県指定無形民俗文化財の稚児風流(ちごふりゅう)や千灯明(せんとうみょう)で有名な水田天満宮と、鬼の修正会(しゅじょうえ)で有名な熊野神社などがあり、船小屋温泉は矢部川県立自然公園の中心をなす。中心集落の羽犬塚は宿場町、市場町として発達した。久富(ひさとみ)地区に伝わる「久富盆綱曳(ぼんづなひき)」は県の無形民俗文化財となっている。面積41.78平方キロメートル、人口4万8339(2015)。

[石黒正紀]

『『筑後市史』全3冊(1995~1998・筑後市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑後(市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筑後(市)の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎マキノ雅広ベトナム戦争史(年表)世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation