@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筑後【チクゴ】

デジタル大辞泉

ちくご【筑後】
福岡県南西部の市。筑紫(つくし)平野南部にあり、中心の羽犬塚(はいぬづか)はもと肥後街道の宿場町。筑後梨・花むしろの産地。人口4.9万(2010)。
旧国名の一。現在の福岡県南部にあたる。古くは筑紫(つくし)の一部。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちくご【筑後】
旧国名の一。福岡県の南部に当たる。
福岡県南部の市。筑後平野に位置し、稲作や茶・果樹を栽培。花むしろ・畳表を産する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちくご【筑後】
[一] 西海道一一か国の一つ。文武天皇二年(六九八)筑紫国から分かれて一国となる。鎌倉時代は大友・少弐氏らが守護。南北朝時代は今川氏、室町時代は大友氏が支配。江戸時代は久留米・柳川・三池の三藩が分立。明治四年(一八七一)の廃藩置県で久留米・柳川・三池の三県となり、三瀦(みずま)県を経て、同九年福岡県の一部となる。古称、筑紫後(つくしみちのしり)
[二] 福岡県南部の地名。筑後平野の南部を占める。中心の羽犬塚(はいぬづか)はもと肥後街道の宿場町。米、茶、果樹栽培などのほかに、イグサ栽培も盛んで、畳表・花莚(はなむしろ)を生産。また、久留米絣(がすり)は特産。昭和二九年(一九五四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑後」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筑後の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation