@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筑波研究学園都市【つくばけんきゅうがくえんとし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

筑波研究学園都市
つくばけんきゅうがくえんとし
茨城県南西部,筑波山南部の常陸台地建設された学園都市。過密化した東京都から研究教育機関を計画的に移転させ,人口 18万の新都市を建設する計画にもとづき,1963年に建設が決定した。当時の筑波町,大穂町,豊里町,谷田部町,村,茎崎村 (いずれも現つくば市 ) の6町村にまたがって開発された。面積 270km2筑波大学,国立がんセンター,産業技術総合研究所,防災科学技術研究所,国土地理院,高層気象台などの大学や研究機関がある。東部に常磐自動車道のインターチェンジがあり,東京駅から定期バスが運行されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つくば‐けんきゅうがくえんとし〔‐ケンキウガクヱントシ〕【筑波研究学園都市】
茨城県つくば市にある計画都市。昭和48年(1973)筑波大学設置、そのほか多くの教育・研究機関が移転または建設。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つくばけんきゅうがくえんとし【筑波研究学園都市】
茨城県南西部,筑波山南麓の常陸台地に立地する日本で初めての研究教育諸施設団地群。行政上はつくば市と稲敷郡茎崎町にまたがり,筑波大学工業技術院国土地理院,気象研究所,高エネルギー物理学研究所はじめ,40をこえる研究機関・大学がある。首都圏における人口過度集中への対応策として,1963年に建設が閣議決定された。施設の用地面積は1500ha,住居地域面積1200ha,計画人口は10万である。住居,主要道路など環境整備が軌道に乗った反面,周辺地区整備は立ち遅れ,真の都市形成とはいいにくい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つくばけんきゅうがくえんとし【筑波研究学園都市】
茨城県つくば市の筑波山南麓の台地に、首都圏の過密緩和を目的として建設された新都市。多くの国立研究機関や筑波大学が立地し、高度な研究教育の拠点を形成している。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

筑波研究学園都市
つくばけんきゅうがくえんとし
茨城県南西部、つくば市内にある研究学園都市をいう。首都東京の過密状態を緩和するために国の試験・研究機関などを計画的に移転させ、あわせて科学技術振興、研究・教育の充実、発展の拠点とすることを目的に開発された。研究学園地区と周辺開発地区からなり、研究学園地区は南北18キロメートル、東西6キロメートル、面積2700ヘクタール。周辺開発地区を含めると2万8400ヘクタールあり、将来計画人口は35万人(2013年現在21.8万人)。1963年(昭和38)に閣議決定、1967年基本計画が確定、1980年までに予定した文部省、厚生省、農林水産省、通商産業省、運輸省、郵政省、建設省および科学技術庁、環境庁などの研究施設合計43機関がすべて移転を完了。ほかに法人組織などの9機関が建設された。その後、公的機関は4機関増え、46機関となった(2001年1月の中央省庁再編により、前述の公的機関のうち、文部省と科学技術庁は文部科学省、厚生省は厚生労働省、通商産業省は経済産業省、運輸省と建設省は国土交通省、郵政省は総務省、環境庁は環境省に改組された)。
 1985年(昭和60)には国際科学技術博覧会(通称科学万博、EXPO'85)が開催され、その跡地にできた筑波西部工業団地のほか、筑波北部工業団地、つくばテクノパーク豊里(とよさと)、同大穂(おおほ)などの工業団地を中心に約160の民間企業の研究・開発部門が進出した。住宅・都市整備公団(現、都市再生機構)による研究学園地区の基盤整備は1998年(平成10)にほぼ完成した。筑波大学などもっとも多くの機関をもつ桜地区の人口増加が著しい。
 生産性の低い平地林や畑地が開発され、1兆1000億円を超す建設費が投入され、さらに筑波大学とその附属病院の開業など周辺地域住民への開発効果は大きいが、他面では中心部の都市機能の未熟、つくば市誕生(1987)以前は6町村に分かれていたことなど、行政機能の不統一もあって、学園居住者の生活面での不十分さが指摘されてきた。しかし、つくば市の誕生とその後の編入拡大で一つの行政組織になったこと、複合文化施設つくばセンタービルの建設(1983)や交通ターミナル、大規模ショッピングセンターなどの整備、また、2005年にはつくばエクスプレスが開通したことなどにより、先端技術分野をになう日本最大の研究開発センターとして発展している。[櫻井明俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つくば‐けんきゅうがくえんとし ‥ケンキウガクヱントシ【筑波研究学園都市】
茨城県南西部、筑波山南麓の都市。総面積二七平方キロメートル。昭和三八年(一九六三)に建設が閣議了解され、同四三年国立防災科学技術センター着工、同四八年には筑波大学が開学。以後多くの教育・研究機関が移転してきた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑波研究学園都市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筑波研究学園都市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation