@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筑波【つくば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

筑波
つくば
茨城県西部,つくば市北部の地区。旧町名。 1988年つくば編入。鎌倉時代初期筑波山神社が造営され,江戸時代には幕府信仰を得て多くの参拝者を集めた。中心集落の北条はその門前町として発達,現在は筑波山登山・観光基地。小田地区に北畠親房居城小田城跡がある。耕地過半水田で,南部台地筑波研究学園都市地域の一部。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つくば【筑波】
《古くは「つくは」》茨城県、筑波山南側の地域名。
(「つくば」と書く)茨城県南西部の市。筑波郡大穂(おおほ)・豊里谷田部(やたべ)町と新治村が合併して、昭和62年(1987)成立翌年、筑波町を、平成14年(2002)茎崎町を合併。人口21.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

つくば【筑波】
茨城の日本酒。酒名は、霊峰・筑波山にちなみ命名特別純米酒以上の高級ブランドで、大吟醸酒、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、特別純米酒をラインナップ。平成9、12、13、17、18、25年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦雄町など。仕込み水は筑波山系の伏流水蔵元の「石岡酒造」は元禄年間(1688~1704)創業。所在地は石岡市東大橋字深久保。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

筑波
茨城県、愛媛県大洲市で生産されるクリ。中生。粒は20~25グラム程度とやや大きめ。果肉淡黄色食味は粉質、甘み・香りとも強い。「岸根」と「芳養玉」を交配した旧果樹研究所による育成品種。1959年に命名。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑波
日本海軍の巡洋戦艦(巡洋艦)。筑波型巡洋戦艦の1番艦。1912年に巡洋艦から類別変更された戦艦。1905年進水、1907年就役。1917年、火薬庫の爆発事故により大破除籍

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つくば【筑波】
茨城県西部,筑波郡の旧町。1988年つくば市に編入。筑波山の南斜面と山麓の台地,低地を占め,中央を桜川が流れる。古くから開けた地で古代の条里制の遺構が残り,水守(みもり)は平将門の乱で反将門軍の拠点となった。北条付近の多気(たけ)には平安時代に大掾(だいじよう)氏が拠ったが,鎌倉初期に小田氏に追い落とされた。小田氏が築いた小田城では南北朝期に北畠親房が《神皇正統記》を著している。中心集落の北条は古くは筑波山の登山口で,周辺農村の小商業中心をなし,山麓南斜面にある筑波は筑波山神社の鳥居前町として栄えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つくば【筑波】
茨城県南西部の郡名。
(市名は仮名書き)茨城県中南部、筑波山の南にある市。田園地帯に国や民間の研究機関・教育機関が集まり筑波研究学園都市を構成する。
「筑波山」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

筑波
つくば
茨城県つくば市北部の地区。旧筑波町。1988年(昭和63)つくば市に編入。筑波山の南西麓(ろく)に位置する。古代に筑波山信仰で開け、平安初期に筑波山寺(中禅(ちゅうぜん)寺)が創建されて門前町筑波が形成された。地区内の小田(おだ)は小田氏の居城地、北条は筑波山神社参道の要路にあたる商業地で、繁栄した。近世は、筑波は寺社領、そのほかは土浦藩領であった。北畠親房(きたばたけちかふさ)が『神皇正統記』を著した小田城跡は国指定史跡。[櫻井明俊]
『『筑波町史史料集』全4巻(1978~1981・筑波町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つくば【筑波】
(古くは「つくは」)
[一] 大化改新による国郡制定の以前、茨城県の筑波山南西側のふもと一帯を占めていた国。
※書紀(720)景行四〇年是歳・歌謡「新治(にひばり)玖波(ツクハ)を過ぎて 幾夜か寝つる」
[三] (つくば) 茨城県南西部の地名。筑波山の南麓、小貝川・桜川の流域にある。昭和三八年(一九六三)筑波研究学園都市に指定され、大学・研究施設の進出とともに発展。同六二年大穂町・谷田部町・豊里町・桜村が合体して市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筑波の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation