@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筑穂【ちくほ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

筑穂
ちくほ
福岡県中部,飯塚市西部の旧町域。遠賀川支流の穂波川上流域から三郡山地東斜面にまたがる。 1955年上穂波村,内野村,大分村の一部が合体して町制施行。 2006年飯塚市,穂波町,庄内町,頴田町と合体して飯塚市となる。かつては炭鉱の町として栄えたが,石炭産業の不振により衰微。沖積地では米,野菜,ブドウなどを栽培し,山地では木材チャ (茶) ,タケノコを産する。大分廃寺塔跡 (国の史跡) があり,一部は太宰府県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

筑穂
ちくほ

福岡県中央部、嘉穂郡(かほ)にあった旧町名(筑穂町(まち))。現在は飯塚(いいづか)市の南部を占める。旧筑穂町は1955年(昭和30)上穂波(かみほなみ)、内野(うちの)の2村と大分(だいぶ)村の一部が合併して町制施行。2006年(平成18)飯塚市に合併。旧町域の西部から南部は三郡(さんぐん)山(936メートル)を中心とする山地帯で、北流する穂波川が小沖積低地を形成、北東部には古第三紀層の丘陵が起伏する。JR筑豊(ちくほう)本線が篠栗(ささぐり)線を分岐し、国道200号と並走する。また、北部を八木山(やきやま)バイパスが通る。筑豊炭田の南西部にあたり日本製鉄嘉穂炭鉱が1970年まで操業していた。主産業は農業で、稲作やナス・キュウリなどの野菜栽培、酪農・肥育牛・養鶏などの畜産が行われ、林業も盛んである。国指定史跡の大分廃寺塔跡や神功(じんぐう)皇后ゆかりの大分八幡宮があり、内野は筑前六宿(ちくぜんむしゅく)の一つとして知られる宿場町であった。

[石黒正紀]

『矢野久編『筑穂町誌』(1962・筑穂町)』『『筑穂町誌』全2巻(2003・筑穂町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑穂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筑穂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation