@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筑紫山地【つくしさんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

筑紫山地
つくしさんち
九州の北部を東西に連なる山地最高峰脊振山(1055m)。平均標高 400~900mの低山性山地で,断層により脊振山地筑肥山地水縄山地三郡山地など多くの山塊群に分けられる。西日本内帯に属する山地で,花崗岩,中生層,古生層に古第三紀層が交じっている。古第三紀層のなかには石炭が埋蔵され,筑豊,福岡,唐津佐世保の諸炭田が分布東部山(ぬきさん)は石灰岩の山地で,平尾台などのカルスト地形が発達している。一般に山地斜面は急であるが,山頂部に緩傾斜面をもち,諸山地の間には多数の平野盆地がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つくし‐さんち【筑紫山地】
《「ちくしさんち」とも》九州北部をほぼ北東から南西に走る山地。福岡・佐賀・長崎の3にまたがる。平均標高400~900メートルで、最高峰は福岡県佐賀県境の背振(せふり)山。地体構造上、西南日本内帯に属する。中国山地の延長上にあり、断層によって多くの山塊に分断されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つくしさんち【筑紫山地】
〈ちくしさんち〉ともいう。おもに福岡,佐賀,長崎3県にまたがって北東から南西方向に走る山地。地体構造上,西南日本内帯に位置し,中国山地の延長上にある。中国山地が連続した山地であるのに対し,この山地は筑豊盆地,福岡平野,筑紫平野などにより地塊に分断されている。北東から本州と対峙する企救(きく)山地,紫川の東側に位置する貫(ぬき)山地と西側に位置する福智山地,筑豊盆地と福岡平野の間の三郡山地筑後川の南の耳納(水縄)(みのう)山地,福岡・熊本両県にまたがる筑肥山地,福岡・佐賀両県境の脊振山地,佐賀県から長崎県にかけての肥前山地総称である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちくしさんち【筑紫山地】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つくしさんち【筑紫山地】
北九州を構成する山地の総称で、三郡さんぐん山地・脊振せふり山地などから成る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つくし‐さんち【筑紫山地】
九州北部を北東方から南西方に走る山地。最高峰は福岡・佐賀県境の背振(せふり)山(一〇五五メートル)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑紫山地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筑紫山地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation