@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筒元・胴元【どうもと】

精選版 日本国語大辞典

どう‐もと【筒元・胴元】
〘名〙
① さいころばくちの親。ちょぼ一では、賽(さい)を入れる筒(どう)を取り、かけ金の総額から勝者へ配当した残りを収入とする者。丁半では賭場(とば)を開帳して寺銭を取る親分、または貸元。筒親。筒取。
※多甚古村(1939)〈井伏鱒二〉新年早早の捕物「刈込君は胴元に飛びついて 金と胴巻を抑へた」
② 物事をしめくくりまとめる人。もとじめ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筒元・胴元」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筒元・胴元の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation