@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筒取・胴取【どうとり】

精選版 日本国語大辞典

どう‐とり【筒取・胴取】
〘名〙
① (博打(ばくち)で筒(どう)を取る意) 筒親(どうおや)になること。博打の席を貸してその出来高に応じて歩合を取ること。また、その人。胴元。
※俳諧・江戸八百韻(1678)何子「肌に付たる金冷る也〈安昌〉 筒(ドウ)取の行末みだるる袖の露〈言水〉」
② しめくくりをする人。元締。筒元。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「敵役(かたきやく)の胴取(ドウトリ)とは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筒取・胴取」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筒取・胴取の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation