@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

答拝【タッパイ】

デジタル大辞泉

たっ‐ぱい【答拝】
《「たふはい」の音変化》
大饗(たいきょう)のときなどに、身分の高い人の来場に際し、主人が堂をおりて迎え、互いに拝礼したこと。
「お供廻りもかるがると地に鼻付けて主が―」〈浄・盛衰記
丁寧なもてなし。
「御馳走―請けながら」〈浄・女護島

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐はい〔タフ‐〕【答拝】
先方の拝礼えて礼すること。また、その拝礼。とうのはい。たっぱい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たっぱい【答拝】
とうはい(答拝)の転
大饗たいきようの時などに、尊貴の人が来た際、主人が階を降りて迎え、互いに拝すること。答の拝。転じて、丁重な挨拶あいさつ。とうはい。 地に鼻つけて主が-/浄瑠璃・ひらかな盛衰記
手厚いもてなし。とうはい。 馳走-ヲ尽クス/日葡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうはい【答拝】
先方の拝礼に対する返礼。答とうの拝。たっぱい。
たっぱい(答拝)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たっ‐ぱい【答拝】
〘名〙 (「たふはい」の変化した語)
① 大饗の際など、身分の高い人が来臨した時に主人が堂を降りてともに拝礼すること。転じて、丁重なお辞儀。とうはい。〔文明本節用集(室町中)〕
※説経節・さんせう太夫(与七郎正本)(1640頃)下「たまのかぶりをちにつけて、たっはいめされておはします」
② 手厚いもてなし。丁重な取り扱い。立派な待遇。「馳走答拝」の形で用いられることが多い。とうはい。
※御伽草子・彌兵衛鼠(岩波文庫所収)(室町末)「あまりにわらはをちそうたっはいめされ候つる程に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐はい タフ‥【答拝】
〘名〙
① 先方の拝礼に答えて拝礼すること。また、その拝礼。答の拝。たっぱい。
※延喜式(927)四一「凡親王、大臣及一位、二位於五位以上答拝」 〔礼記‐曲礼下〕
② 手厚くもてなすこと。丁重に取り扱うこと。また、そのもてなし。たっぱい。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)七「余人は知らず某へは、逆様に這つくばい、馳走答拝(タウハイ)すべき筈」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

答拝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

答拝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation