@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

箕作元八【みのつくり げんぱち】

美術人名辞典

箕作元八
史学家。津山の蘭学者箕作秋坪の四子。東京外語学校で英語を学び、明治18年帝国大学理科大学を卒業、翌年ドイツに留学しロイズマン教授につき動物学研究、更にハイデンブルグ及びベルリン各大学で史学理学等を修め帰国する。後仏国に留学し帰朝して帝国大学文科の教授となる。川柳及び俳句を善くし南亭と号する。大正8年(1919)歿、58才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

みつくり‐げんぱち【箕作元八】
[1862~1919]歴史学者。岡山の生まれ。菊池大麓(だいろく)の。動物学を修めたが、のち歴史学に転じ、西洋史を研究。東大教授。「西洋史講話」「フランス大革命史」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

箕作元八 みつくり-げんぱち
1862-1919 明治-大正時代の西洋史学者。
文久2年5月29日生まれ。箕作秋坪(しゅうへい)の4男。ドイツで動物学をまなぶが,近視のため史学にうつる。高等師範教授などをへてフランスに留学し革命史を研究。明治35年東京帝大教授となり,西洋史学の確立に尽力した。大正8年8月9日死去。58歳。江戸出身。東京大学卒。著作に「西洋史講話」「仏蘭西(フランス)大革命史」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みつくりげんぱち【箕作元八】
1862‐1919(文久2‐大正8)
日本の西洋史学の開拓者。箕作秋坪の四男として生まれる。東京帝国大学理科大学を卒業し,1886年ドイツに留学し,当初,動物学を学んだが,強度の近視のため史学に転じ,H.vonトライチュケ,L.vonランケに学ぶ。92年帰国し,一高の教師となるが,1900年フランスに留学,おもに革命史を研究する。02年帰国し,東大文科の西洋史教授となる。その著書《西洋史講話》全2巻(1910)は,日本最初の西洋史概説の体系書である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

箕作元八
みつくりげんぱち
[生]文久2(1862).5.29. 美作
[没]1919.8.9. 東京
明治の史学者。西洋史学の開拓者。蘭学者箕作秋坪の4男。東京外国語学校で英語,東京大学で動物学を学んだ。卒業後動物学研究のため渡独したが,強度の近視のために史学に転じて7年間にわたり,テュービンゲンハイデルベルク,ベルリンなどの諸大学でヨーロッパ近代史,特にフランス革命,ナポレオン時代を研究,H.トライチュケ,L.ランケらに師事。帰国後第一高等学校教授となった。 1899~1902年史学研究のため渡仏し,帰国して東京大学文科大学教授となった。主著『西洋史講話』『仏蘭西大革命史』 (1919) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

箕作元八
みつくりげんぱち
(1862―1919)

明治・大正時代の歴史学者。蘭学(らんがく)者秋坪(しゅうへい)の四男。津山藩医で蘭学者の阮甫(げんぽ)の末孫。数学者で東京帝国大学総長、のち文部大臣となった菊池大麓(だいろく)の弟にあたる。文久(ぶんきゅう)2年5月29日、美作(みまさか)国(岡山県)津山に生まれる。動物学を志して東京大学に入り、理学部動物学科、同大学院を出て、1886年(明治19)ドイツのフライブルク大学に自費留学したが、近視のため歴史学に転向、チュービンゲン大学その他で西洋史学を研究、同大学で91年学位をとって翌年帰国。高等師範、一高の教授、東京帝国大学講師となり、99年より2年間のドイツ・フランス留学ののち、同大学教授、1903年(明治36)文学博士となる。著書に『西洋史講話』『世界大戦史』『仏蘭西(フランス)大革命史』などがある。大正8年8月9日東京で死去。

[金井 圓]

『井手文子・柴田三千雄編『箕作元八・滞欧「箙梅日記」』(1984・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みつくり‐げんぱち【箕作元八】
西洋史学者。岡山県出身。秋坪の四男。菊池大麓の弟。東京帝大理科大学で動物学を学び、ドイツに留学したが、強度の近視眼のため歴史学に転じた。著に「仏蘭西大革命史」など。文久二~大正八年(一八六二‐一九一九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箕作元八」の用語解説はコトバンクが提供しています。

箕作元八の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation