@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

箕作阮甫【みつくりげんぽ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

箕作阮甫
みつくりげんぽ
[生]寛政10(1798).津山
[没]文久3(1863).6.17. 江戸
江戸時代末期の蘭方医,蘭学者。津山藩主侍医箕作文庵の次男。京都に出て漢方医術を修め,郷里に帰って開業,藩主の侍医となる。次いで藩主に従って江戸に行き,同藩の蘭方医,宇田川榛斎について医学蘭学を学んだ。天保 10 (1839) 年幕府天文台である司天台の訳員 (翻訳方) となる。嘉永年間 (48~54) ,長崎下田で筒井肥前守政憲,川路左衛門尉聖謨がロシアと条約交渉にあたるのを助けた。安政3 (56) 年蕃書調所教授に命じられ,洋書調所と改称後も教授となり,幕臣に取立てられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みつくり‐げんぽ【箕作阮甫】
[1799~1863]江戸末期の蘭医美作(みまさか)の人。名は虔儒(けんじゅ)。江戸で宇田川榛斎に蘭学を学び、幕府の天文方翻訳掛、のち蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授となった。種痘所の開設に参画日米和親条約締結に参加。著訳「外科必読」「海上砲術全書」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

箕作阮甫 みつくり-げんぽ
1799-1863 江戸時代後期の蘭学者。
寛政11年9月7日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩医。儒学古賀侗庵(どうあん)に,蘭学,蘭方を宇田川玄真にまなんだ。天保(てんぽう)10年幕府天文台の訳員,のち蕃書(ばんしょ)調所教授となる。医書のほか多分野の訳書がある。文久3年6月17日死去。65歳。名は虔儒(けんじゅ)。字(あざな)は庠西(しょうせい)。号は紫川。著訳書に「泰西名医彙講(いこう)」「八紘(はっこう)通誌」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みつくりげんぽ【箕作阮甫】
1799‐1863(寛政11‐文久3)
幕末の蘭学者。名は虔儒(けんじゆ),字は庠西(しようせい),号は阮甫のほか紫川,逢谷。津山藩医箕作貞固(丈庵)の子。1815年(文化12)京都で吉益文輔に漢方医学を学び,22年(文政5)津山藩医となる。翌年,藩主に随行して江戸に出て,儒学を古賀侗庵に,蘭学を宇田川榛斎に学ぶ。39年(天保10)幕府天文方蛮書和解御用となり,翻訳にあたる。ロシア,アメリカの外交使節と応接。56年(安政3)蕃書調所設立に関し,初代教授となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みつくりげんぽ【箕作阮甫】
1799~1863 江戸後期の蘭医。美作みまさか津山の人。号は紫川・逢谷。宇田川榛斎しんさいに蘭学を学び、幕府天文方翻訳掛となる。ロシア使節プチャーチンに応接。日米和親条約締結に参画。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

箕作阮甫
みつくりげんぽ
(1799―1863)
幕末の代表的洋学者。名は虔儒(けんじゅ)、字(あざな)は紫川(しせん)で、阮甫は通称。寛政(かんせい)11年9月7日(新暦10月5日)、津山藩医箕作貞固(1759―1802)の三男として生まれる。初め漢方を学んだが、江戸に出て宇田川榛斎(しんさい)(玄真)につき蘭学(らんがく)を学んだ。1839年(天保10)には幕府の天文台の蕃書和解(ばんしょわげ)御用手伝にあげられ、1855年2月(安政元年12月)の日露和親条約などの外交交渉にも携わった。同年新設の蕃書調所出役教授職に任ぜられ、1863年2月(文久2年12月)には幕臣にあげられたが、同年8月1日(文久3年6月17日)に死去した。1858年(安政5)開設の種痘所(東京大学医学部の最前身)の設立発起人にもなった。医学中心であった蘭学は、阮甫の段階で、自然科学、人文科学を包括する洋学に発展した。阮甫の3人の娘はいずれも蘭方医、洋学者と結婚し、その孫、曽孫(そうそん)には、箕作麟祥(りんしょう)、菊池大麓(だいろく)、箕作佳吉、元八、呉秀三(くれしゅうぞう)、坪井誠太郎ら各分野における日本の代表的学者が輩出した。[岡田靖雄]
『呉秀三著『箕作阮甫』復刻版(1971・思文閣) ▽蘭学資料研究会編『箕作阮甫の研究』(1978・思文閣出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

箕作阮甫 (みつくりげんぽ)
生年月日:1799年9月7日
江戸時代末期の蘭学者
1863年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みつくり‐げんぽ【箕作阮甫】
幕末の蘭学者。美作国(岡山県)の人。名は虔儒、阮甫は通称。蘭医学、技術書などの翻訳に専念、幕府天文台の翻訳方などを務めた。その訳書「水蒸船説略」をもとに、薩摩藩により、初の国産蒸気船が製造された。寛政一一~文久三年(一七九九‐一八六三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

箕作阮甫
みつくりげんぽ
1799〜1863
江戸後・末期の医師・洋学者
美作 (みまさか) (岡山県)津山の人。津山藩主の侍医。京都で医学を学び,のち江戸で宇田川玄真に蘭学を学んだ。幕府天文方の翻訳掛となり,蕃書調所の創設に際し,教授となった。外交交渉(日米和親条約)にも参加した。『外科必読』『産科簡明』をはじめ多数の著書がある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箕作阮甫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

箕作阮甫の関連情報

関連キーワード

ヘルウェティア共和国ベートーベンゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議アイルランド反乱アイルランド問題

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation