@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

算道【さんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

算道
さんどう
明経 (みょうぎょう) 道文章 (もんじょう) 道明法 (みょうぼう) 道とともに,令制で設けられた大学寮 4道の一つ。博士2人と算生 30人 (のち 20人) を有する独立学科。その教科書として『孫子』『五曹』『九章』『海島』『六章』『綴術』『三開重差』『周髀』『九司』が用いられた。算道終了者は,各官司の算師や,主計寮主税寮などの吏員となり,行政実務にあたった。のち算博士は三善,小槻両家の世襲となり,三善家出身の博士は算道の教授に,小槻氏出身の博士は諸国の調賦算勘の職にあったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐どう〔‐ダウ〕【算道】
律令制大学寮四道の一。算法ぶ学科。
数を計算する方法。算術

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

算道
アーチスト、プログラマーの山本一彰による数学パフォーマンス・アート作品。組み合わせ論理を用いた計算手法「論理珠算」とその実践。2015年発表。同年、第10回文化庁メディア芸術祭にて、アート部門新人賞を受賞

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんどう【算道】
律令の学制において算術を修める学科。大学寮には算術を教授する算博士2人と,これを習得する算生30人がいた(後に20人となる)。教科書は中国古代の算経である《九章算術》《周髀(しゆうひ)算経》《綴術(てつじゆつ)算経》など9部が用いられている。《九章》は測量法池溝等の構築法,稲粟の収穫の計算法などの例題の多い実用的数学書,《周髀》は天文算法の書,《綴術》は現存しないが,難解な高等理論数学書であったらしい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

算道
さんどう

大学寮の一学科で、算術を教授した。職員令(しきいんりょう)に算博士(はかせ)2、算生30がみえる。平安初期、明経(みょうぎょう)、文章(もんじょう)、明法(みょうぼう)とともに大学寮の四道を形づくるに至るが、他の三道にくらべ小規模であり、802年(延暦21)には算生が20人に減定されている。学生は九章、海島、周髀(しゅうひ)、五曹(ごそう)、九司、孫子、三開重差などの教科書を学んだ。算道出身の官人は多く主税(しゅぜい)、主計(しゅけい)、木工(もく)などの寮にあって専門知識を生かした。算道の教官には卑姓出身者が多く、世襲する氏族に小槻(おつき)氏や三善(みよし)氏が認められる。三善清行(みよしきよゆき)は『奉菅右相府書』のなかで、「遊学の次(ついで)、偸(ひそ)かに術数を習う」と記しており、9世紀後半のころ算道が三善氏の家学化してきていることを示している。

[森田 悌]

『桃裕行著『上代学制の研究』(1947・目黒書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐どう ‥ダウ【算道】
〘名〙
① 令制の大学寮で教授した四道の一つ。算術を修める学問。また、それを学ぶ者。
※御堂関白記‐寛弘四年(1007)五月三〇日「次笇道三番問答。忠臣朝臣・敦等也」
② 数を計算する法。算術。また、算術を業とする者。
※玉葉‐嘉応二年(1170)一〇月二五日「正朔日蝕事、被算道、宿曜道、陰陽道云々。但如算道申状者、専不正規歟」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

算道
さんどう
律令制下,大学寮の学科の一つ
算博士が算生 (さんしよう) に算数の学を教えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

算道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

算道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation