@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

管槍【クダヤリ】

デジタル大辞泉

くだ‐やり【管×槍/管×鑓】
繰り出しを円滑にするためにを通した左手で管を持ち、右手で柄を持って突く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くだやり【管槍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くだやり【管槍】
槍の一種。柄を金属製の管に通し、左手で管を握り右手で柄を繰り出して突く。手で柄を持つ普通の槍よりも素早く突ける。江戸時代に流行。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

管槍
くだやり
戦国末期、奥州の人伊東紀伊守祐忠(いとうきいのかみすけただ)により案出されたと伝え、江戸時代に盛んに行われた槍の一種。素槍(すやり)の柄に一握りほど(約10センチメートル)の緩い管を通し、その管を左手(向う手)で握り、右手(尻手(しって))に柄をとって突き引きしながら相手を攻撃する。走りのよさ、当たりの鋭さから、早槍(くだやり)とも書かれた。管は握りやすい立鼓(りゅうご)形で、鉄・銅・真鍮(しんちゅう)など金属あるいは練革(ねりがわ)でつくられ、こぶしを防護する円鐔(まるつば)をつけるものが現れた。[渡邉一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

管槍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

管槍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation