@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

管理貿易【かんりぼうえき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

管理貿易
かんりぼうえき
government-managed trade
国家によって直接的に管理統制されている貿易。その方式は輸入禁止,輸入許可制バーター制 (→求償貿易 ) のほか,貿易の内容,相手国,輸入数量割当,決済手段などを規制することがある。関税による間接的な管理,統制は一般には含まない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんり‐ぼうえき〔クワンリ‐〕【管理貿易】
国に直接、管理・統制されている貿易。品目・数量・相手国・決済方法などが指定される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんりぼうえき【管理貿易 controlled trade】
国家がある一定の政策目的を達成するために貿易取引を統制・管理すること,ないしはそうした貿易の形態をいう。通常,政策手段としては貿易・為替の直接的な数量制限を用いるが,輸出入許可制,決済方式の指定などによることもある。しかし第2次大戦後の先進諸国では,IMF―GATT(ガツト)体制のもとに,貿易・為替の制限はしだいに撤廃され,無差別・多角的な貿易自由化は1970年代初めまでの世界貿易拡大をもたらした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんりぼうえき【管理貿易】
国家が輸出入品目・数量・相手国・決済方法などを指定して貿易を統制・管理すること。また、その貿易。 → 保護貿易自由貿易

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

管理貿易
かんりぼうえき
organized trade
国民経済の健全な発展や国際収支均衡の要請、政治的、軍事的な配慮などから、政府が外国との取引の一部または全部に種々の規制を課すこと、もしくはそのような規制を課された貿易をいう。管理の方法としては、輸出管理面では輸出自主規制、輸出の比例割当制、輸出禁止、輸入管理面では輸入割当制、輸入許可制、輸入禁止などがある。管理貿易は1930年代の世界不況、第二次世界大戦後のドル不足(アメリカ以外の世界諸国で国際収支の赤字が続き、ドル保有高が全体として不足する状態)対策として各国で実施された。わが国の場合、戦後は50年(昭和25)に民間貿易が再開されるまで輸出入はすべて連合国最高司令部(GHQ)の管理のもとに政府が行うという全面的管理貿易であった。また50年には外国為替(かわせ)予算制度(通称は外貨予算制度)による輸入管理が実施されている。これは、当時わが国にとり貴重であった外貨を日本経済の復興と発展のために必要な部門に割り当てるという為替面からの輸入割当制であった。この制度は、60年代における貿易自由化の急速な進展に伴い64年に廃止され、輸入は原則として自由とする体制ができ、輸入管理は例外として行われることになった。
 1970年代に入ると、わが国産業の国際競争力が著しく高まり、それに伴う貿易収支の大幅な黒字によって、アメリカやEC(ヨーロッパ共同体。EU=ヨーロッパ連合の前身)との間に貿易摩擦問題が発生した。アメリカは、日本からの特定商品の「集中豪雨」型の輸出急増に対して輸出自主規制を強く要請し、その結果、繊維製品、鉄鋼、カラーテレビ、自動車、工作機械などについて輸出自主規制が貿易摩擦の解決策として採用された。特定商品の輸入急増に対抗する手段としては、ガット第19条に規定された緊急輸入制限措置がある(ガットは、1995年世界貿易機関=WTOに引き継がれ、その後は、ガット第19条とWTOのセーフガード協定による)。しかし、この発動には関係国との協議の成立が必要であり、運用はガットの無差別の原則に従って、特定国のみでなく、すべての加盟国からの輸入品に適用しなければならない。そのため輸入国は、特定商品の輸出国に対して輸出自主規制を求めることが多い。第一次石油危機(1973)以降の低成長時代になると、日本対アメリカとEC、アメリカ対ECなど先進工業国間の貿易摩擦は強まる一方である。この傾向に対して、ジスカール・デスタン仏大統領は、77年のロンドン・サミットにおいて、管理された貿易による世界貿易秩序の維持を提唱したといわれる。80年代に入ると、日本とアメリカやECをめぐる貿易摩擦はいっそう激しくなっていく。70年代、80年代における貿易摩擦の多くは「隠れた輸入制限」といわれる輸出自主規制によって解決されている。その意味において、アメリカやEC(EU)は、日本に特定品目の輸出自主規制措置をとらせることによって、特定品目の輸入管理を実現したといえよう。[田中喜助]
『川口弘・篠原三代平編『図説 日本経済論』(1973・有斐閣) ▽小倉和夫著『日米経済摩擦』(1982・日本経済新聞社) ▽ローラ・D・タイソン著、竹中平蔵監訳、阿部司訳『誰が誰を叩いているのか――戦略的管理貿易は、アメリカの正しい選択?』(1993・ダイヤモンド社) ▽ジャグディッシュ・バグワティ著、佐藤隆三・小川春男訳『危機に立つ世界貿易体制――GATT再建と日本の役割』(1993・オースタ研究所、勁草書房発売) ▽新堀聡著『ウルグアイ・ラウンド後の世界の貿易体制と貿易政策』(1994・三嶺書房) ▽八代尚宏著『対外摩擦の政治経済学』(1995・日本評論社) ▽野林健著『一橋大学法学部研究叢書 管理貿易の政治経済学――米国の鉄鋼輸入レジーム:1959~1995』(1996・有斐閣) ▽野林健・納屋政嗣ほか著『国際政治経済学・入門』(1996・有斐閣)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんり‐ぼうえき クヮンリ‥【管理貿易】
〘名〙 国際収支の均衡などを目的として、国が貿易を統制すること。また、その貿易。輸入禁止措置、輸入割当制などをとったり、貿易の総額、相手国、決済手段などの枠をきめたりする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

管理貿易」の用語解説はコトバンクが提供しています。

管理貿易の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation