@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

管足【かんそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

管足
かんそく
tube foot; ambulacral foot
棘皮動物の歩帯の体壁を貫いて外部に突出する薄壁の細管。先端に吸盤があり,水管系内の体液で満たされる。水管系内の水の移動により,管足は自由に伸縮する。移動および摂食器官であるほか,呼吸器官感覚器官としての働きもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐そく〔クワン‐〕【管足】
ウニ・ヒトデなどの棘皮(きょくひ)動物の体表から突出している細管。移動や摂食のほか、感覚・呼吸器官としての働きもする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんそく【管足】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

管足
かんそく

棘皮(きょくひ)動物の体表から列をなして伸び出る細管で、体の移動、摂餌(せつじ)、呼吸、感覚などに用いられる。管の内部は体内の水管系とつながり、系内の水圧変化と管足壁の筋肉の働きによって伸縮・屈曲する。ウニ、ヒトデ、ナマコ類の多くは管足の先端に吸盤をもち、それを岩などに吸着させて体を支え、また体を片側に引っ張りながらはい進む。ウミユリとクモヒトデ類の場合は触手とよばれることが多く、体の移動には用いられない。ナマコ類の周口触手といぼ足、一部のウニ類の花紋えらは管足の変形物である。

[重井陸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐そく クヮン‥【管足】
〘名〙 ウニ、ヒトデ、ナマコなど棘皮(きょくひ)動物の体表から突出する水管系の末端部分。柔軟な肉管で、この部分に体液が入りこむと管足がのびる。移動および呼吸器官として働き、先端にある吸盤で他物に付着する。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

管足」の用語解説はコトバンクが提供しています。

管足の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation