@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

箱物【ハコモノ】

デジタル大辞泉

はこ‐もの【箱物】
《入れ物の意》国や自治体などが建てる、図書館・美術館・体育館・多目的ホールなどの建物。「箱物行政
箪笥(たんす)・本箱・食器棚など箱形の家具。→脚物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はこもの【箱物】
簞笥たんす・書棚など箱状の家具の総称。 ⇔ 脚物あしもの
ハコモノと表記されることも多い 公共事業で建設された庁舎・学校・市民会館・運動施設などの俗称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はこ‐もの【箱物】
〘名〙
① 箱入りのもの。箱入りの贈答品。
※太閤記(1625)一三「旧功之老臣諸侯之面々も、今は干戈を箱ものにし、弓を韔(ゆみふくろ)にし」
② 新聞で、紙面の一部を枠で囲んだ記事。かこみ記事。
※闘牛(1949)〈井上靖〉「原稿は、〈略〉大きな箱ものとして組込まれたのであった」
③ 中に物を収納する、蓋(ふた)や扉つきの調度品・家具。
④ 比喩的に、自治体のつくる公共施設をたとえていう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箱物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

箱物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation