@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

節分【せつぶん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

節分
せつぶん
元来,季節の移り変るときをさし,立春立夏立秋立冬のそれぞれ前日であった。しかし太陰太陽暦では立春を年の初めと定めたので,立春の前日すなわち大寒の最後の日を特に節分 (太陽暦の2月3日か4日) として重視した。したがって節分は太陰暦大晦日 (おおみそか) にあたり,その夜を年越しといって民間ではひいらぎ () のいわしの頭をつけて門戸にかざし,また日暮れ豆まきをして追儺 (ついな。厄払い) を行う習慣がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

節分
季節の分かれる日の意味で、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指したが、今は一般的に立春の前日。春は年のはじまりであり、季節の変わり目には邪気が生じるという考えから、払いなどの儀式が行われるのが一般的。「セツガワリ」「カラノトシトリ」など地域によって様々な名前がある。
(2013-02-03 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

せつ‐ぶん【節分】
季節の変わり目。立春立夏立秋立冬の前日。せちぶん。
特に、立春の前日。2月3日ごろ。この夜、鬼打ち豆をまいたり、柊(ひいらぎ)の枝に(いわし)の頭をさしたものを戸口にはさんだりして、邪気を払う習慣がある。 冬》「―や家(や)ぬちかがやく夜半の月/秋桜子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せつぶん【節分】[狂言]
狂言。節分の夜、女に一目ぼれした鬼が、小歌をうたって口説く。女は鬼をだまして隠れ蓑(みの)隠れ笠打ち出の小槌(こづち)を取り上げ、をまいて追い払う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せち‐ぶん【節分】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

節分
立春の前日を節分といって、豆まきの行事が行われるが、これは本来、追儺(ついな)と呼ばれる宮中行事。追儺はまた鬼やらいともいい、疫鬼(えきき)・悪鬼を追い払う行事。古い時代は宮中でのみ行われていたが、江戸時代になると宮中では廃止になり、逆に庶民の間に広がった。節分の豆まきのことばは、「、鬼は外」であるが、仏教寺院では「福は内、鬼も内」と唱える所もある。鬼を集めて、お経の力で改心させるためだという。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

日本文化いろは事典

節分
「節分」は「せち分かれ」とも言い、本来季節の変わり目、すなわち立春・立夏・立秋・立冬の前日を指す言葉です。特に現在は立春の前日(2月3日)を「節分」と言い、豆をまいて悪疫退散や招福の行事が行われます。

出典:シナジーマーティング(株)

占い用語集

節分
季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。特に、立春の節入り(2月3日前後の旧暦の正月)のことを指す場合が多い。節分当日の夕暮れに、柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口に立てておいたり、豆撒きをすることで「邪気」を払う習慣がある。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

節分
古典落語の演目のひとつ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せつぶん【節分】
雑節の一つで,立春の前日。現行暦では2月3日もしくは4日にあたる。大晦日,1月6日,1月14日とともに年越しの日とされ,これらとの混交もみられるが,現在の節分行事はほぼ全国的に,いり豆をまく追儺(ついな)の行事と門口ヤキカガシ(ヤイカガシ)を掲げる風習を行う点で共通している。社寺でも民間でも盛んに行われる豆まきの唱え言は土地によって各種あるが,〈鬼は外,福は内〉というのが一般で,訪れる邪鬼をはらおうとするものと解されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せつぶん【節分】
狂言の曲名。鬼狂言大蔵・和泉両流にある。節分の夜,夫が出雲大社へ年取りに出かけたので女がひとりで留守をしているところへ,蓬萊の島から来た鬼が訪れる。美しい人妻に心を奪われた鬼は,小歌をうたいつつ言い寄るが,女はいっこうに受けつけないので,ついに泣き出してしまう。その様子を見た女は,なびくと見せかけて,鬼の持つ隠れ隠れ蓑打出小槌などの宝を取り上げ,家の中に入れる。鬼は横になり,くたびれたから腰をたたいてくれなどと亭主気取りもつかのま,女は,やっと豆をはやす時分になったと〈福は内,鬼は外〉と豆をぶつけて鬼を追い出す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せちぶん【節分】
せつぶん(節分)に同じ。 あるじせぬ所、まいて-などはいとすさまじ/枕草子 25

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せつぶん【節分】
季節の変わり目。立春・立夏・立秋・立冬の称。せちぶん。
特に立春の前日の称。この日鰯いわしの頭を柊ひいらぎの小枝に刺して戸口にさし、炒り豆をまいて悪疫退散、招福の行事を行う風習がある。冬から春への境として物忌みに籠ったのが本来の行事。 [季] 冬。 → 追儺ついな

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せつぶん【節分】
狂言の一。節分の夜、鬼に口説くどかれた女が、鬼をだまして隠れ蓑や打ち出の小槌こづちなどを奪い、そのあげく「鬼は外」と豆をまいて追い出してしまう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せち‐ぶ【節分】
※源氏(1001‐14頃)東屋「おのづからおぼすやうあらん。後めたうな思ひ給ひそ。九月は、明日こそせちぶと聞きしか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せち‐ぶん【節分】
〘名〙
① 季節の移り変わる時。立春・立夏・立秋・立冬の前日の称。せつぶん。
※枕(10C終)二五「方たがへにいきたるに、あるじせぬ所。まいてせちぶんなどはいとすさまじ」
※源氏(1001‐14頃)宿木「四月ついたちごろ、せちぶんとか言ふ事、まだしき先に、わたしたてまつり給ふ」
② 特に、立春の前日の称。せつぶん。《季・冬》
※俳諧・誹諧之連歌(飛梅千句)(1540)第一「雪にせがきはいましばしまて せちふんや寺にもものをいはふらん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せつ‐ぶん【節分】
[1] (季節の分かれ目の意)
① 季節の変わり目。四季それぞれの季節の分かれる日。立春、立夏、立秋、立冬の前日をさす。せちぶ。せちぶん。
※御堂関白記‐寛弘九年(1012)一二月一三日「公家荷前今日也、依節分早也」
※栄花(1028‐92頃)峰の月「秋の節分にいと疾く入りぬべければとて、七月三日内に帰らせ給」
② 特に立春の前日。四季のうち、冬から春になる時を一年の境と考えた時期があり、大晦日(おおみそか)と同類の年越行事が行なわれる。近代はこの夜、ヒイラギの枝にイワシの頭を刺したものを戸口にはさみ、節分豆と称して、煎った大豆をまいて、厄払いの行事を行なう。せちぶ。せちぶん。《季・冬》
※和泉式部集(11C中)上「節分のつとめて けふよりは蘆間の水やゆるからんたるのたちどの氷薄れて」
※浮世草子・世間胸算用(1692)四「年々節分(セツフン)の鬼が取て帰るもので御座ろ」
[2] 狂言。各流。節分の夜、蓬莱島(ほうらいじま)の鬼が来て留守居の女を口説く。女はなびくと見せかけ、隠れ蓑、隠れ笠、打出の小槌などをもらうと、豆をまいて鬼を追い出す。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

節分」の用語解説はコトバンクが提供しています。

節分の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation