@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

節度使【せつどし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

節度使
せつどし
(1) 中国,,五代,初の軍職。藩鎮の長官をいう。羈縻政策 (きびせいさく) と府兵制破綻で,景雲1 (710) 年初めて西北地区に設置され,8世紀前半には,辺境に 10節度使が出現し,安史の乱内地にも列置されるようになるとともに民政も掌握し,以来2世紀にわたって存続した。数州を管轄して強大な権限をもち,正規の軍団 (官健) のほか私兵集団をおき,しばしば反唐的行動をとって分権的傾向を示した。黄巣の乱を契機に従来の貴族官僚に代って政治権力を握り,武人政治を実現したが,宋初に実権を奪われた。 (2) 日本で,奈良時代臨時におかれた武官。天平4 (732) 年,東海,東山山陰西海の4道に,天平宝字5 (761) 年には東海,南海,西海の3道におかれ,律令兵制強化のため,兵士や官船の検察,武器調製などのことを司った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せつど‐し【節度使】
中国、五代の軍職。初めは辺境警備のための軍団の統率者であったが、安史の乱後は国内の要地にも置かれ、諸州を管轄して兵政・民政・財政を任され、強力な権限をもつようになった。初に廃止。藩鎮。
奈良時代、唐制にならい、地方の軍政防備任務とした臨時の職。天平4年(732)と天平宝字5年(761)とに2回置かれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せつどし【節度使】

[中国]
 唐,五代の軍職。唐の府兵制の崩壊,羈縻(きび)体制の破綻で,傭兵からなる辺境防衛軍団の総司令官として出現した。いわゆる〈令外の官(使職)〉の代表的なものである。節度は軍隊指揮を意味する。710年(景雲1)以後,10節度使が設けられた。安史の乱で国内要衝にも置かれるようになり,多くは観察使を兼ねて民政権をも掌握し,地方軍閥と化した。9世紀の憲宗期に中央統制が一時回復されるが,以後再び自立化を強め,唐末には40~50,五代には30~40の節度使が存在した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せつどし【節度使】
中国、唐・五代の軍職。府兵制の崩壊後、辺境に置かれた傭兵軍団の総司令官。710年の河西節度使がはじめである。安史の乱後、国内各地にも置かれ、軍政のほか民政・財政の両権をも掌握するようになり、強大な地方勢力となった。宋初に廃止。藩鎮。
奈良時代、新羅に備え軍団を強化するために設けられた令外官の一。732年・761年の二度置かれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

節度使
せつどし
中国、唐・五代に設置された地方軍司令官、とくに後半期には半独立政権を形成したものが多く、藩(はん)、藩鎮(はんちん)、方鎮と通称される。7世紀後半から北方民族の侵攻に対応して辺境防備のため募兵制の大軍団が常屯(じょうとん)する軍鎮が置かれ、府兵制の鎮戍(ちんじゅ)にかわってしだいに増加したが、それらを統括する現地最高司令官として諸軍を節度(指揮命令)する官職として節度使が任命された。710年西北辺境に置いたのに始まり、玄宗朝に全辺境にわたって10節度使が任命された。最初は数州の軍事をつかさどったが、軍糧補給・調達のため、財政、民政の諸使職(支度(したく)、営田、鋳銭、海・陸運等使、観察処置使)を兼任して権力強大となり、居城(会府)の州長官(刺史(しし))をも兼任して軍・民・財三権を握る独立軍閥に成長した。755年平盧(へいろ)、范陽(はんよう)、河東の3節度使を兼ねた巨大藩鎮安禄山(あんろくざん)が反し、この乱を契機に内地にも防禦(ぼうぎょ)使、団練使などが列置され、それらを統(す)べる都団練、都防禦使が藩鎮の列に加わった。やがて名称は節度使に統一されたが、おのおの軍号を与えられ、会府の民政長官刺史と数州の監察権をもつ観察使を兼ね、その管轄区域である道(藩)の長官として牙(衙)(が)軍とよばれる親衛軍を中核に幕府を開き、腹心の軍将と幕職官でこれを固め、鎮将に率いられる外鎮軍を藩内要地に配置した。
 養兵財源は賦税の一部を藩費にあてるのを認められた(留使)ほか、御用商人を使った邸店経営など商業利貸資本の運営によるところが大きく、私兵を養った。強藩はその地位を世襲し、中央への戸口申報、賦税上供を怠り、不法手段で軍拡に努め、しばしば反抗を企て、中央はその統制に苦しんだが、憲宗(在位805~820)時代に権限を削減して一時権威を回復した。しかし世襲職業軍人集団と化した藩軍がついに自ら彼らの代表者を節度使に擁立し始め、唐朝の統一は崩壊した。五代十国の君主はいずれも有力節度使から即位し、下剋上(げこくじょう)の武人政治時代とされるが、他方、乱立した節度使はしだいに細分化、小規模化し、宋(そう)に至ってその権限、機構は解体され、単なる軍人の名誉的称号と化し、幕府は幕職州県官として地方官に吸収された。[菊池英夫]

日本

日本では732年(天平4)、新羅(しらぎ)との関係の緊張に対処し、東海東山・山陰・西海各道の3節度使にそれぞれ藤原房前(ふささき)、多治比県守(たじひのあがたもり)、藤原宇合(うまかい)を任じ、兵備の強化、兵士の訓練などのことにあたらせた。734年廃止されたが、761年(天平宝字5)、藤原仲麻呂(なかまろ)(恵美押勝(えみのおしかつ))の新羅征討計画に関連して東海、南海、西海道の3節度使を設置。しかし同計画の挫折(ざせつ)により764年廃止された。[笹山晴生]
『「支那中世の軍閥」(『日野開三郎東洋史学論集 第1巻』所収・1980・三一書房) ▽「五代史概説」(『日野開三郎東洋史学論集 第2巻』所収・1980・三一書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せつど‐し【節度使】
〘名〙
① 中国の唐、五代に設置された軍団の長官。初め外民族の侵入を警備する辺境守備隊の司令官として発生、七一〇年の河西節度使を創始とする。玄宗時代には一〇節度使が置かれたが、安史の乱後は各地に乱立するようになり、府兵制の崩壊にともない私兵を擁して反国家的な権力を行使し、国内を分裂させた。五代十国も有力な節度使の建てた王朝。宋初に廃止。
※性霊集‐五(835頃)「与越州節度使内外経書啓」 〔旧唐書‐職官志三・節度使〕
② 奈良時代、天平四年(七三二)および天平宝字五年(七六一)の二度設置された職。第一回(天平六年廃止)の設置も対外的要因によったと考えられるが、第二回(天平宝字八年廃止)東海・南海・西海道にそれぞれおかれたものは新羅征討の準備のためであり、軍隊の訓練、軍備充実の役割を果した。
※正倉院文書‐天平六年(734)八月二〇日・出雲国計会帳「送節度使祿料納絹韓櫃弐合領状」
③ 朝敵征討の命をうけた大将。
※太平記(14C後)一六「正成が申所も、其謂有といへども、征罰の為に差下されたる節度使(セツドシ)、未戦を成ざる前に、帝都を捨て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

節度使
せつどし
唐・五代の軍職で,辺境に置かれた大軍団の統轄者
高宗李淵 (りえん) の晩年以後,従来の府兵制では北方民族の侵寇を防げなくなり,募兵による大軍団を辺境に置き,その統轄者として節度使を置いた。710年の河西節度使の設置が最初で,8世紀半ばごろには10節度使があり,管内の兵・民・財の三権を握って権勢をふるい,藩鎮とも呼ばれた。755年からの安史の乱を契機として節度使は内地にも置かれ,半独立的な軍閥と化して唐朝衰亡の原因をつくった。五代の諸国は有力な節度使が建てたものであるが,宋の太祖趙匡胤 (ちようきよういん) はこの制度の改廃に努力し,太宗(在位976〜997)の時代にはいって事実上消滅した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

節度使
せつどし
奈良時代の732年と761年に置かれた地方監察官
崩壊に瀕した軍団制の強化を目的とし,東海道などの各道ごとに置かれ,兵器牛馬の管理,軍団設備,官船製造,焼成などの監督にあたった。対新羅 (しらぎ) の緊張関係から設置された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

節度使」の用語解説はコトバンクが提供しています。

節度使の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation