@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

篠ノ井【しのノい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

篠ノ井
しのノい
長野県北部,長野市の中南部にある市街地。旧市名。 1966年長野市と合体千曲川左岸にあり,近世北国街道北国西街道 (善光寺街道) の分岐点で,1900年篠ノ井線開通とともに信越本線との乗り換え駅が置かれて市街地として発展した。付近一帯はリンゴ産地

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しののい〔しののゐ〕【篠ノ井】
長野市地名。昭和34年(1959)市制。同41年長野市に合併信越本線篠ノ井線の分岐点として発達

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しののい【篠ノ井】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

篠ノ井
しののい
長野県中北部、長野市の一地区。旧篠ノ井市。JR信越本線とJR篠ノ井線の分岐点として発展。近世は千曲川(ちくまがわ)舟運の終点であった。1997年(平成9)の北陸(長野)新幹線の開業時に、JR信越本線の軽井沢方面はしなの鉄道となった。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しののい しののゐ【篠ノ井】
長野市南部の地名。江戸時代は北国脇往還(善光寺街道)と北国街道の交わる地で、現在はしなの鉄道とJR信越本線、篠ノ井線の接続点。昭和三四年(一九五九)市制。同四一年長野市と合併。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

篠ノ井」の用語解説はコトバンクが提供しています。

篠ノ井の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation