@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

篠島【しのじま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

篠島
しのじま
愛知県南部,三河湾口の島。1島1村であったが,1961年南知多町の一部となる。 73年にレジャーセンター用地が埋立て造成された。三河湾国定公園に属する観光地。また伊勢神宮御幣鯛を毎年供するなど古くから伊勢との関係が深く,村上天皇坂上田村麻呂源頼朝,西行法師,徳川家康,加藤清正らゆかりの史跡や,篠島温泉がある。河和師崎,蒲郡各港から定期船就航。面積 0.92km2人口 2039 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

篠島
愛知県知多郡南知多町、三河湾に浮かぶ島。三河湾国定公園に属し、佐久島日間賀島とあわせ「愛知三島」と呼ばれる。面積約0.94平方メートル。シラス漁や海苔ワカメ養殖などの漁業水産加工業が盛ん。伊勢神宮に奉納する「おんべ鯛」で知られ、「清正の枕石」などの見どころがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しのじま【篠島】
愛知県知多半島の南端,師崎(もろざき)の南東約3kmの海上に浮かぶ花コウ岩質の島で,知多郡南知多町に属する。面積0.66km2。近くに散在する日間賀島などとともに,〈東海の松島〉ともいわれ,三河湾国定公園に含まれる。居住の歴史は古く,弥生~古墳時代の遺跡もみられ,古代は三河国,中世には伊勢国に属し,近世になって尾張国に入った。島民の多くは沿岸近海漁業営み,補助的に零細な畑作農業をしている。1962年に愛知用水が海底パイプで給水され飲料水源となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

篠島
しのじま

愛知県知多半島の南端、知多郡南知多町の師崎(もろざき)港から海上3キロメートルにある島。面積0.93平方キロメートル。かつて篠島村として独立していたが、1961年(昭和36)南知多町の一部となった。全島が領家帯花崗(かこう)岩で、最高点48メートル。属島9のうち小磯(こいそ)、中手(なかて)の両島は埋立によって篠島と陸続きになった。1962年に愛知用水から海底水道によって上水の供給を受け、従来の乏水性から解放された。島は水田皆無で漁業一本で生活していたが、上水供給によって観光化が可能になった。古くから伊勢(いせ)、渥美(あつみ)を結ぶ海上交通の要地、篠島港は風待ち港であった。1338年(延元3・暦応1)義良(のりよし)親王(のちの後村上天皇)が暴風のため6か月滞在「帝(みかど)の井」を掘ったという古話もあり、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)、源頼朝(よりとも)、西行(さいぎょう)、徳川家康、加藤清正らゆかりの史跡も多い。伊勢神宮領であったことから毎年御幣鯛(おんべだい)奉納の儀もある。篠島祭は旧正月3、4日、神戸(ごうど)の神明(しんめい)社に堂山の八王子社の神が渡る祭りで、古式を伝承した舞と「垢離(こり)とり」の神事が行われている。三河湾国定公園に含まれ、師崎港、河和港、伊良湖港などから船がある。人口1890(2009)。

[伊藤郷平]

『『愛知の離島』(1982・愛知県)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

篠島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

篠島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation