@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【トク】

デジタル大辞泉

とく【篤】[漢字項目]
常用漢字] [音]トク(呉)(漢) [訓]あつい
まじめで行き届いている。手厚い。「篤学篤行篤実篤信篤農懇篤・仁篤」
病気が重い。「危篤
のり]あつ・あつし・しげ・すみ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あつし【篤】
〘形シク〙 (「あづし」か) 病気がちである。病弱である。また、病気が重い。
※天理本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「気力虚(うつけ)(アツシク)なりし時」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「いとあつしくなりゆき、もの心ぼそげに里がちなるを」
※色葉字類抄(1177‐81)「支離 アヅシ 病也」
[語誌](1)第二音節の清濁については、引用の色葉例のほか、「観智院本名義抄」の「支離」「煦」の訓の「アツシ」の「ツ」に濁声点が見られ、当時濁音だったことが推測される。
(2)「あつかう(熱)」「あつしる」「あつゆ(篤)」などと同語源の語か。
あつし‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あつ・ゆ【篤】
[1] 〘自ヤ下二〙 病気が重くなる。あつしる。
※書紀(720)雄略二三年八月(前田本訓)「謂(おも)はざりき、(やまひ)彌留(アツエ)(〈別訓〉あつしれ)て、大漸(とこつくに)に至るといふことを」
[2] 〘自ヤ上二〙 (一)に同じ。
※源氏(1001‐14頃)澪標「おとどうせ給ひ、大宮も頼もしげなくのみ、あつい給へるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あずあづし【篤】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

篤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation