@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【しょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しょう
xiao
中国の気鳴楽器。正確には,筏型の多管式気鳴楽器である排簫 (→パンの笛 ) と,無簧式で指孔つきの縦笛である洞簫がある。初期の排簫は 10本あまりの竹管を長さのに筏型に並べたもので開管の状態で残されており,後世の排簫は鳳凰の型の枠にはめこまれていく閉管である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう〔セウ〕【×簫】
中国の管楽器で、縦一種。複数の竹管を束ねた排簫(はいしょう)と、単管の洞簫(どうしょう)とがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょう【簫 xiāo】
中国の縦吹きノンリードの管楽器(イラスト)。指孔付きの1本の竹管からなる洞簫と,長さの異なる竹管を横に並べ,木の枠にはめこんだパンパイプの一種としての排簫の二つのタイプがある。 排簫の各竹管の長さ,配列は時代や用途により異なるが,十二律に合わせることで,管の数は多いもので二十数本,少ないものでも十数本ある。これらの竹管は,長さの順にあるいは左右シンメトリーに配列される。また竹管には管孔がつつぬけのものと,下方が閉じたものとがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


しょう

東アジアの気鳴楽器。竹管の上端のエッジ(歌口)に息を当てて鳴らす。複数の管をもつパンパイプ型のものと、単管のものに大別される。前者は排簫(はいしょう)または鳳簫(ほうしょう)ともよばれ、13~24本の長短の竹管を並べたものである。日本へは奈良時代に唐楽の楽器として中国から伝来した。正倉院に伝来する簫はその実物で、管内に詰め物をして調律した跡がある。後者は洞簫(どうしょう)として一般に知られ、西域(せいいき)の葦笛(あしぶえ)が東へ伝わったものと考えられる。現存の中国清(しん)朝の雅楽用のものは管長約54センチメートル、指穴は前面に五つ、裏に一つあり、日本の尺八とは逆に、管壁の内側を削ってエッジをつくっている。正倉院の雅楽尺八もこの一種である。また、近世日本の一節切(ひとよぎり)や普化(ふけ)尺八を洞簫とよぶこともある。

[卜田隆嗣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう セウ【簫】
〘名〙 中国の管楽器。
① 雅楽用の古楽器。長さの違う縦吹きの竹管一三~二四本を横に並べ、下端を蜜蝋でふさぎ、上端を吹く。パンパイプの一種。現在はほとんど用いない。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)一二月二五日「簫一口 納緋地錦袋並尺」 〔風俗通‐簫〕
② 縦笛の一つ。一本の竹管で、六孔。主として俗楽に用いる。本来は洞簫といったが、略して簫というようになったもの。しょうの笛。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

簫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation