@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ひる】

精選版 日本国語大辞典

ひる【簸】
〘他ハ上一〙
① 箕(み)で穀物などをあおり振るって、屑(くず)を除き去る。→簸(ふ)。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※古今著聞集(1254)一六「糠のみ多く候へば、それをひさせんとて置きたる物をば」
② 風が吹きつけて物を揺らす。
※日葡辞書(1603‐04)「カゼガ マドヲ firu(ル)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ【簸】
〘他ハ上二〙 箕(み)で穀物などをあおって、もみがらやごみなどを除く。
[補注]「簸」を動詞として、上二段に活用した例はないが、「書紀‐神代上」の「簸之河」が、古事記に「肥河」、出雲風土記に「斐伊河」とあり、「肥」「斐」は上代特殊仮名づかいで、乙類の仮名であるところから、「簸」も同様の乙類のヒであったと見られ、したがって、古くは上二段活用であったと考えられる。後に「簸 米比留」(新撰字鏡)のように上一段化した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

簸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation