@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

簿価【ぼか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

簿価
ぼか
book value
帳簿価額略称帳簿に記載されている資産負債資本などの価額。資産については原則として購入価額に引取運賃,関税,登録税などの税金,整備費などの付随費用を含めた金額をもって記録される。ただし固定資産については土地・建物仮勘定を除き取得価額から減価償却引当金を控除した残額をもって簿価とする。ただし簿価は固定資産については必ずしもその資産の実際の価額を示すものではない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼ‐か【簿価】
《「帳簿価額」の企業会計において、会社が所有する資産の帳簿上の価額。一般には該当資産の取得原価をさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

簿価
帳簿価額の略語。企業会計上、企業は、支出した金額を記帳することになっている。取得価格のことをいう。たとえば、ある企業が今期株式を1,000万円で購入したとする。そのあと、決算期末に、この株式が900万円になったとする。経理帳簿や決算書には、簿価の1,000万円が記録される。平成12年に時価会計制度が導入されて、企業は「時価評価した額」と「簿価」の差額が下回る場合、損益計算書に計上するようになった。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

投資信託の用語集

簿価

帳簿上の取得価格のこと。投資信託は組み入れている資産を時価で評価している。

出典:(社)投資信託協会

大辞林 第三版

ぼか【簿価】
資産・負債および資本について帳簿上に計上されている価額。帳簿価額。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼ‐か【簿価】
〘名〙 企業会計において会社が所有している資産に対して、帳簿上で付されている価額のこと。一般には該当資産の取得原価を指す。帳簿価額。
※戦後日本のインフレーション(1949)〈都留重人〉三「この簿価価額はインフレの進行にもかかわらず大部分は調整されないまま」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事業再生用語集

簿価
資産を買ったときの値段(取得価格=原価)。 ≠時価

出典:(株)セントラル総合研究所

簿価」の用語解説はコトバンクが提供しています。

簿価の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation