@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

米寿【べいじゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

米寿
べいじゅ
88歳のこと。また,年祝いの一つで,その長寿を祝う。米の字を分解すれば八十八となるところからこの称がある。還暦古希喜寿に続く寿祝いで,室町時代以後,広く行われるようになったものと思われる。親族,縁者を招いて祝宴を催し,参会者には長寿にあやかるようにと,寿にちなんで米をはかるときに用いる枡掻 (ますかき) を切って配り,また氏神に枡を納めるような風習があった。 (→年賀 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

べい‐じゅ【米寿】
《「米」のを分解すると八十八となるところから》88歳のこと。また、その祝い。よねの祝い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べいじゅ【米寿】
88歳のこと,およびその祝い。米(よね)の祝いともいう。一定年齢の者の祝いを民間では年祝といい,日本人の重要な通過儀礼となっているが,米寿はその一つであり,さらに61歳の還暦,70歳の古稀などとともに,長寿を祝う〈賀の祝い〉の代表例でもある。米と書くのは,米という字を分解すると八十八になることに由来し,そこには米に対する日本人の特別な感情がこめられている。一方,末広がりの八の字が二重に使われるところから,八十八という数字そのものが吉事としての印象を人々に与えてきたともいえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

米寿
べいじゅ

88歳の長寿の祝賀。米(よね)の祝いともいう。「八十八」の字画を詰めると「米」に通ずるからである。江戸時代以降、親類・縁故者を招き、一家一門の長老の寿福を祝い、あわせて家門の繁栄を喜び合う宴席を催す習俗が行われ、その余風はなおいまに及んでいる。政界、学界、実業界などの長老の賀寿はとくに盛大である。その際、寿福にあやかるために、枡(ます)の斗掻(とかき)や火吹き竹を参会者に贈る習俗が古くはあったが、その理由は判然としない。ともかく還暦(60歳)、古稀(こき)(70歳)、喜寿(きじゅ)(77歳)に次ぐ最終の長寿の祝いとして、久しく行われてきた。その後、卒寿(そつじゅ)(90歳)、白寿(はくじゅ)(99歳)の賀寿が追加され、近年はこれらも定着の傾向がみられる。

[竹内利美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べい‐じゅ【米寿】
〘名〙 (「米」の字を分解すると八十八となるところから) 八八歳。また、八八歳になった祝い。米年。よねの祝い。こめの字の祝い。
※諸国風俗問状答(19C前)淡路国風俗問状答「八十八は米寿又米賀と云、斗槩(とかき)を切、親類隣家へ贈れは、其老人へも酒肴なと進物を遣し祝ふ」
[補注]「運歩色葉」でも「米年」を八八歳とするが、「元祿世間咄風聞集」などの記述をもとに「米」を「八十の人」と解し、米寿を八〇歳とする説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米寿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米寿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation