@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

米沢彦八【ヨネザワヒコハチ】

デジタル大辞泉

よねざわ‐ひこはち〔よねざは‐〕【米沢彦八】
落語家。
(初世)[?~1714]上方落語の祖。大坂の生玉(いくたま)神社境内で興行した仕方物真似で人気を博す。著作に「軽口御前男」「軽口大矢数」など。
(2世) 都の落語家祇園境内などで演じ、物真似芸にすぐれた。著作に「軽口福おかし」など。生年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よねざわひこはち【米沢彦八】
噺家。(1)初代(?‐1714(正徳4)) 元禄時代に大坂生玉で軽口(かるくち)咄を演じて知られる。〈しかた物真似〉の名人でもあり,声色身振り模写や世相風俗の物真似を演じた。咄本として《軽口御前男》《軽口大矢数》を残した。大坂落語といわれる。正徳4年6月3日に旅先の名古屋で急死。(2)2代(?‐1767(明和4)) 大坂の彦八没後,京都にあらわれ,享保から明和にかけて約40年間活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よねざわひこはち【米沢彦八】
(初世)?~1714 大坂落語の祖。辻咄を行い、後には、生玉神社境内の小屋で仕方物真似を演じた。「軽口御前男」などを刊行し、「彦八」は落語家の別名となったほど著名。
(二世)?~1767(8?) 京の落語家。祇園の境内などで演じ、物真似芸にすぐれる。「軽口福おかし」などを刊行。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よねざわ‐ひこはち【米沢彦八】
江戸中期の落語家。初世。上方落語の祖。元祿(一六八八‐一七〇四)末年から正徳年間(一七一一‐一六)に、大坂生玉神社境内などで、一人一二文の金をとって「俄大名」など軽口ばなしを演じ人気を得た。咄本「軽口御前男」がある。正徳四年(一七一四)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米沢彦八」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米沢彦八の関連情報

関連キーワード

ハノーバー朝ハノーバー朝イギリス史(年表)アンスペイン継承戦争フェリペ[5世]奈良屋茂左衛門ジョージ[1世]アンジョージ1世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation