@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

米沢織【よねざわおり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

米沢織
よねざわおり
山形県米沢市およびその周辺で産出する絹織物総称。江戸時代中期,米沢藩上杉治憲 (鷹山) が,越後から織工を招き,製織業を伝えたのに始る。米沢紬が有名で,琉球紬に似ているところから,米沢琉球紬米琉ともいう。真綿から引いた手紡ぎ糸あるいは玉糸を用いた平織組織の横絣で,銘仙より格が上とされて,男女の着尺や羽織地に愛用された。大部分が,絣であるが,模様物や白紬もつくられた。明治以後は,長井地方を中心に生産され,長井がその集散地にあったため,長井紬と呼ばれ,独自の品質をつくり上げた。昭和の初めに,お召の技術や,板締絣の技法が開発されて,白鷹お召という新製品が出された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よねざわ‐おり〔よねざは‐〕【米沢織】
山形県米沢地方から産出する織物の総称。江戸時代、上杉鷹山(うえすぎようざん)の産業奨励により始まった。紬(つむぎ)縮緬(ちりめん)黄八丈袴地(はかまじ)糸織紋織などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

米沢織[染織]
よねざわおり
東北地方、山形県の地域ブランド。
山形県米沢市内産の織物(畳べり地を除く)。9代米沢藩主・上杉鷹山が藩の財政を建て直すため産業振興に力を注ぎ、女性たちに織物を修得させたのがその発祥。越後から縮みの技術が導入されて発展した。2007(平成19)年2月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5026436号。地域団体商標の権利者は、米沢織物工業組合。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よねざわ‐おり よねざは‥【米沢織】
〘名〙 山形県米沢地方から産出する絹織物。米沢藩主上杉治憲(鷹山)の殖産興業策の一つとして、越後国(新潟県)から技術導入をはかったことに始まる。糸織、綾織、節織、紋織、黄八丈、袴地、帯地など。米沢。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米沢織」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米沢織の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation