@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

米沢藩【よねざわはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

米沢藩
よねざわはん
江戸時代,出羽国米沢地方 (山形県) を領有した。慶長6 (1601) 年に上杉景勝が陸奥会津 (福島県) から 30万石で入封したのに始る。寛文4 (64) 年に3代綱勝が急死したため吉良義央 (きらよしなか) の長子綱憲が襲封したが,のち 15万石に封された。享保4 (1719) 年第5代吉憲 (よしのり) は弟勝周 (かつちか) に新墾田1万石を分与して米沢新田藩を創設。 12代斉憲の代の慶応2 (1866) 年に3万石を加増された。次の茂憲 (もちのり) の代に戊辰戦争起り米沢藩は奥羽越列藩同盟軍に参加したため 14万 7000石に減封されて廃藩置県にいたった。外様,江戸城大広間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

米沢藩
出羽国、米沢(:山形県米沢市)を本拠地とした外様藩。関ヶ原戦いに敗れ、会津120万石から30万石に減封されて入封した上杉景勝が初代藩主となり、以後上杉氏が領有。9代藩主治憲(鷹山)による藩政改革が知られ、養蚕織物業などが発達。幕末には奥羽越列藩同盟の中心だったが北越戦争に敗れ降伏した。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

よねざわはん【米沢藩】
江戸時代出羽(でわ)国置賜(おきたま)郡米沢(現、山形県米沢市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は興譲(こうじょう)館。関ヶ原の戦い後の処分により、会津120万石から30万石に減封(げんぽう)された上杉景勝(かげかつ)が、家老直江兼続(なおえかねつぐ)から譲り受けた米沢城に移り、米沢藩が成立した。以後明治維新まで上杉氏13代が続いた。1664年(寛文(かんぶん)4年)に3代綱勝(つなかつ)が嗣子(しし)を定めないまま急死、改易(かいえき)は免れたものの、石高は15万石に半減された。相次ぐ減封で藩は財政難に苦しみ、農民も困窮した。1767年(明和(めいわ)4)に9代藩主となった治憲(はるのり)(鷹山(ようざん))が長期にわたり藩政改革を実施、大倹約令を発するとともに、漆(うるし)クワコウゾなどの国産品の奨励、また越後(えちご)(新潟県)から縮(ちぢ)み織りを導入、財政の再建を図った。幕末の戊辰(ぼしん)戦争では、奥羽越(おううえつ)列藩同盟の中心だったが、1868年(明治1)の北越戦争で新政府軍に敗れた。71年の廃藩置県で米沢県となり、置賜県を経て76年山形県に編入された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よねざわはん【米沢藩】
出羽国置賜(おきたま)郡米沢(現,山形県米沢市)に藩庁を置いた外様中藩。1601年(慶長6)上杉景勝は関ヶ原の戦の処分により会津120万石から米沢30万石に減封され,以後上杉氏は1871年(明治4)まで米沢に定着した。その領地ははじめ置賜,伊達,信夫郡にわたったが,1664年(寛文4)4代綱憲の急死によって領地は15万石となり,置賜郡のうち上長井,下長井,北条郷のみとなる。しかし藩の実高ははじめ51万石余,半減後は28万石余といわれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

米沢藩
よねざわはん

出羽(でわ)国置賜(おきたま)地方を領有した藩。関ヶ原の戦い(1600)の処分により会津120万石から30万石に減封された上杉景勝(かげかつ)を初代藩主とする。以来藩主は、定勝(さだかつ)、綱勝(つなかつ)、綱憲(つなのり)、吉憲(よしのり)、宗憲(むねのり)、宗房(むねふさ)、重定(しげさだ)、治憲(はるのり)、治広(はるひろ)、斉定(なりさだ)、斉憲(なりのり)、茂憲(しげのり)と13代続き、明治維新に至った。領地30万石時代は、置賜郡(山形県)と陸奥(むつ)の信夫(しのぶ)・伊達(だて)両郡(福島県)にわたっていたが、1664年(寛文4)綱勝の急死により半知削封となり、置賜地方(高畠(たかはた)領を除く)15万石に封ぜられた。約6000人の家臣団は米沢城下のほか、下級家臣は城下の郊外に居住して原方(はらかた)衆とよばれ、このほか大身の家臣は農村部に陪臣(ばいしん)集落を設けていた。また米沢藩は領地境に支城7か所(のち5か所)を置き、元禄(げんろく)(1688~1704)以後はこれを役屋(やくや)と称し、足軽30人余を配置する体制を幕末まで続けた。1638年(寛永15)に総検地を行い、実高51万石余を打ち出し、これが半知後は28万石となっている。しかし、大量の家臣団と生産力の低い地域的条件などにより、早くから藩財政は窮乏した。

 18世紀末、9代藩主治憲(鷹山(ようざん))が実施した明和(めいわ)・安永(あんえい)の改革および寛政(かんせい)の改革は有名である。おもな政策は、農村の復興策、漆(うるし)・桑(くわ)・楮(こうぞ)および織物などの国産物の奨励、代官制度の改革および藩校興譲(こうじょう)館の設置と教学の振興などであった。改革の主要人物として、竹俣当綱(たけのまたまさつな)・莅戸義政(のぞきよしまさ)(太華(たいか))・黒井忠寄(ただより)、また儒者には藁科松伯(わらしなしょうはく)・神保綱忠(じんぼつなただ)などが輩出した。改革の一定の成功の背景には、初期以来の特産物、青苧(あおそ)・漆蝋(うるしろう)の生産と流通の掌握をはじめ、新たな国産物、養蚕業・織物の発展と統制の成果を見逃すことができない。1868年(慶応4)の戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越(おううえつ)列藩同盟の盟主として新政府軍と戦ったが、北越戦争に敗れて降伏。1871年(明治4)廃藩、米沢県、置賜県を経て山形県に編入された。

[横山昭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

米沢藩
よねざわはん
江戸時代,出羽国米沢地方(山形県南部)を領した外様藩
中世,大江広元の子孫長井氏居住。のち伊達氏が長井氏を追って当地接収。1590年伊達政宗の移封後,会津蒲生氏郷 (がもううじさと) の領となった。関ケ原の戦い後1601年上杉景勝が入部し,以後30万石の城下町として繁栄。'64年養子を認める代償として15万石に減封され,幕末維新まで続いた。9代治憲 (はるのり) のとき藩政改革を実施,特産米沢織を始め,藩の財政を再建し,藩校興譲館を創建した。幕末には奥羽越列藩同盟の中心として新政府に抵抗した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米沢藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米沢藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation