@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

米沢【ヨネザワ】

デジタル大辞泉

よねざわ〔よねざは〕【米沢】
山形県南東部の市。もと上杉氏城下町。繊維・電機工業や米作・和牛飼育が盛ん。また、酒・刃物特産。米沢城跡に上杉神社がある。人口8.9万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

よねざわ【米沢】
山形県南東部、米沢盆地南端の市。近世、上杉氏の城下町として繁栄。電機・繊維工業・木材加工などが盛んで、米沢織・米沢牛・米沢鯉を特産。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よねざわ【米沢】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よねざわ よねざは【米沢】
[1] 山形県南端の地名。米沢盆地の中心地。江戸時代、上杉氏一五万石の城下町として繁栄。伝統の米沢織などの繊維工業が行なわれるほか、電気機器工業などがさかん。明治二二年(一八八九)市制。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「米沢(ヨネザハ)の羽織に、じみな琉球紬の薄綿入」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よねざわ よねざは【米沢】
(「よねさわ」とも) 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

米沢
よねざわ
山形県南部,米沢盆地の中心都市
中世,長井庄の地頭長井氏の住地。のち伊達氏が占拠し,政宗移封後蒲生氏郷 (がもううじさと) の所領となる。1601年上杉景勝が入部,以後その城下町として繁栄した。江戸中期,9代治憲 (はるのり) が米沢織おこし殖産興業の中心となる。1889年市制を施行

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米沢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米沢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation