@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

米田哲也【ヨネダテツヤ】

デジタル大辞泉

よねだ‐てつや【米田哲也】
[1938~ ]プロ野球選手。鳥取の生まれ。昭和31年(1956)阪急(オリックス前身)に入団し、投手として活躍。同32年から同49年まで18年連続二桁(けた)勝利。通算350勝は史上2位。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

米田哲也 よねだ-てつや
1938- 昭和時代後期のプロ野球選手。
昭和13年3月3日生まれ。昭和31年阪急に入団。投手。2年目に21勝,以後18年連続2けた勝利。無類のタフさからガソリンタンクとよばれた。50年阪神にうつり,52年近鉄で引退するまで23年間投げつづけ,歴代1位の949登板,2位の350勝(285敗),防御率2.91,3388奪三振。平成12年野球殿堂入り。鳥取県出身。境高卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

米田哲也
よねだてつや
(1938― )

プロ野球選手(投手:右投右打)。3月3日、鳥取県生まれ。境(さかい)高から阪急ブレーブス(現、オリックス・バファローズ)入りし、1年目の1956年(昭和31)から51試合に登板、9勝をあげた。翌1957年には21勝し、以降、19年連続2桁(けた)勝利をあげたが、これは歴代1位の記録(2015年時点)である。1962年に奪三振王となったのが初のタイトルで、1966年には25勝で最多勝利、18年目の1973年には最優秀防御率も手にした。弱小チームであった阪急を支え続け、のちに西本幸雄監督時代には、1967年から6年間で5回のリーグ優勝という黄金時代の一翼を担った。しかしいずれの年も日本シリーズでは読売ジャイアンツ(巨人)に敗れた。阪急が初の日本一となった1975年のシーズン途中で阪神タイガースへ移籍、1977年の近鉄バファローズ(のちの大阪近鉄バファローズ)を最後に、現役を引退した。並はずれたスタミナの持ち主で「ガソリンタンク」の異名をとり、プロ野球記録の通算949試合登板を果たし、歴代2位の通算350勝をあげた。

[出村義和]

 22年間の通算成績は、登板試合949、投球回5130、350勝285敗、防御率2.91、奪三振3388、完投262、完封64。獲得したおもなタイトルは、最多勝利1回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回、最優秀選手(MVP)1回。2000年(平成12)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。

[編集部 2016年9月16日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米田哲也」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米田哲也の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation