@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

粃糠疹【ひこうしん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

粃糠疹
ひこうしん

粃糠(米糠(ぬか))様の細かい落屑(らくせつ)を特徴とする皮膚病の病名に用いられる。顔面単純性粃糠疹はその一例であるが、これは小児期ないし思春期に多く、貨幣2倍大くらいの類円形病変を生じ、自覚症状はない。単純な外用薬が有効である。

[川村太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひこう‐しん ヒカウ‥【粃糠疹】
〘名〙 皮膚の表層の角質が増殖し、剥離(はくり)してきわめて細かい落屑を付着する状態。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひこう‐しん〔ヒカウ‐〕【×××疹】
皮膚の表層角質が増殖して糠(ぬか)のようにはがれる症状

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粃糠疹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

粃糠疹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation