@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【しいな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しいな
immature
稔実不良ののこと。穀類穎果の中には籾殻だけがあって子実の充実していないものが出る。これは開花時の低温降雨,過度の乾燥などのため受精しなかった場合とか,受精後に養分が不足するなど,養分の転移が妨げられたときに生じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しいな〔しひな〕【×粃/×秕】
殻ばかりで中身のないもみ。
うまく実らないで、しなびてしまった果実。
中身のないもの。価値のないもの。
「勘平は四十七騎の―なり」〈柳多留・五〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しいな【粃】
稔実不良のもみのことで,脱穀機唐箕(とうみ)で風選すると飛んでしまう。もみがらの中がまったくからなもの(不稔という)ときわめて貧弱な実が入っているもの(発育停止という)とがある。不稔は受精しなかったもので,めしべがしなび胚乳発育せず,まったくからっぽにみえる。発育停止は,受精したが玄米の発育のきわめて初期に発育が止まったものであるので,不稔と違って胚乳も少し発育して,デンプンもたまっており,胚も小さいながら発育している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しいら【粃】
〘名〙 =しいな(粃)
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「不穀と云は、大夫に向いて君が吾が身を云ことばぞ。みのらずと云ふ心ぞ。しいらのやうな者と、卑下して云ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みよさ【粃】
〘名〙 ばかりで実のない籾(もみ)。しいな。みよし。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「心より起らぬからに道心の菩提の種もみよさなるべき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

粃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation