@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

粒度【リュウド】

デジタル大辞泉

りゅう‐ど〔リフ‐〕【粒度】
粉・土・石・骨材などの大小の粒の分布状態。また、その粒子の大きさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

粒度
鉱物の粒度はそれぞれの岩石によって異なり,粒の大きさは岩石の形成条件を反映している.しかし実際の岩石の中の鉱物粒は三次元的に不規則な形をしており,粒の大きさを測定することは非常に難しい.具体的に岩石の粒度は岩石標本から作った薄片中の各結晶の大きさの測定から推定するが,薄片では立体的な鉱物粒の一断面に過ぎないために,薄片の中の粒が小さくても実際の粒が小さいとは限らない[Krumbein : 1935].薄片内の鉱物粒がすべて同じ大きさや形状であるかどうかはわからず,各粒の形も三次元的に複雑であるため粒度の測定は簡単ではない[Kerrerhals, et al. : 1975].粒度や形状という表現は非常にあいまいで,不規則な大きさや形の鉱物粒の集合体である岩石を任意に切断した断面の薄片から粒度,形状を推定しなければならない.特定の断面から立体的な形を推定するためには,計量形態学(quantitativfe microscopy)またはステレオロジー(stereology)による研究があり,岩石学に応用すべきことが多い[Dehoff & Rhines : 1968,諏訪 : 1977].火成岩の構成鉱物の形は非常に不規則なので,何を粒度あるいは平均粒径としているか正確なことはわからず,測定方法も不明確であるにもかかわらず,次のようないわゆる粒度の絶対値による区分が広く用いられている.
区分平均粒径
粗粒(coarse-grained)5mm以上(5mm以上)
中粒(medium-grained)5~1mm(0.01~1mm)
細粒(fine-grained)1~0.05mm(0.01mm以下)
微粒(very fine-grained)0.05mm以下

粒度の分類は様々あり,括弧内の区分法が用いられる場合もある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

粒度
 諸種粉末粒状製品の大きさと分布.またマヨネーズなどの分散相の大きさや分布,ミルク脂肪球の大きさや分布にも使われる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうど【粒度】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りゅうど【粒度】
粉状物体の粒子の大きさの度合。一般に、粒子の平均直径で示される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

粒度
データベース管理や索引作業,情報検索,ソート処理などにおいて,基本的な操作単位となる情報の大きさ.図書を例にすれば,冊,章,節,ページ,段落,行,語,文字などの粒度が考えられる.どのような粒度を採用するかは,情報を処理する際の作業効率だけでなく,処理結果の情報を利用する際の適合性評価にも影響を及ぼす.近年は,メタデータの議論における情報構造の分析や比較を行う際にしばしば用いられる.鉱物の粉砕程度や撮影装置の解像度など,他分野で先行して使われていた用語.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅう‐ど リフ‥【粒度】
〘名〙
① 微粒物体の大小を表わす基準。普通メッシュで表わす。〔英和和英地学字彙(1914)〕
② 砥石(といし)に用いる砥粒の大きさ。日本工業規格では二七種ある。〔解説鋳物技術(1951)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

粒度
リュウド
particle size, grain size

粉体粒子の大きさをいう.平均粒径で表すことが多い.球形粒子の場合にはその比面積S

で表される.dは粒子直径,ρは密度である.したがって,粒径のかわりに比表面積で粒子の大きさを表すこともできる.粒形が単一であるような粒子系を単分散系というが,粉体は球形とは限らず,しかも大きさに分布があるので,一つの粒子について二つ以上の方向の長さの平均値をとって平均径とする表現法もある.粒度分布測定には,標準ふるいを用いる方法,顕微鏡法,光路しゃへい法,光散乱法,ストークスの法則を利用した沈降速度法,電気抵抗法などがあり,それぞれの粉体に適した方法が考案されている.工業製品にはそれぞれに粒度表示法がある.たとえば,研磨剤のJIS規格では,粒径によってF4ないしF1200などと細かく区分されている.また,鉱物の構成微小組織を分類するときにも,粒状度という用語が使われている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粒度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

粒度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation