@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

粒状組織【りゅうじょうそしき】

岩石学辞典

粒状組織
白粒岩(granulite)に特有の組織で,石英長石石榴石輝石の粒状鉱物が,肉眼的または顕微鏡的に交互に発達したもの[Holmes : 1920].それぞれの層は色,構造,鉱物組成が異なるが,片状や柱状の鉱物に欠けるため葉状組織は見られない.この組織とグラニュライト組織との間に混乱が見られ,片麻岩中の石英長石質の縞の組織にも使用される.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粒状組織
おおよそ等粒の鉱物が集合した組織である.火成岩のみならす破砕岩再結晶岩にも用いる[Macculloch : 1821, Rosenbusch : 1887].完晶質粒状組織(holo-crystalline granular texture)[Rosenbusch : 1882].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粒状組織」の用語解説はコトバンクが提供しています。

粒状組織の関連情報

関連キーワード

ベールバッハ岩ナミエステルスタイン白粒岩白粒片岩白粒片麻岩グラノライト輝岩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation