@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

粗目糖【ざらめとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

粗目糖
ざらめとう
granulated sugar
砂糖の1種で,の大きい,糖度の高い (99%以上) 分蜜糖転化糖,灰分,水分,非糖有機物がきわめて少いので貯蔵しやすく,加熱した場合でも褐色になりにくい。そのため,清涼飲料乳幼児乳製品,菓子などに用いられる。性状により白 (五温) ,中粗,グラニュー糖に分けられる。白粗の結晶の大きさは 20~8メッシュで一級品の糖度は 99.96%以上である。業務用が多い。中粗の結晶の大きさは白粗と同程度で,カラメルをかけてあるため黄褐色を呈する。佃煮キャラメルなどの加工用が主である。一級品の糖度は 99.92%以上である。グラニュー糖は 80~20メッシュの比較的小さい結晶であるから溶けやすく,味は淡泊である。家庭用,喫茶用が多い。ほかに裾物として赤粗と黄粗がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ざらめ‐とう〔‐タウ〕【粗目糖】
一粒一粒が大きい砂糖純度が高い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粗目糖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

粗目糖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation