@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

粟津【アワヅ】

デジタル大辞泉

あわづ〔あはづ〕【粟津】
滋賀県大津市南部の地名。古来、交通の要地。「逢わず」の意味を掛け、「粟津野」「粟津の原」などの形で歌に詠まれた。[歌枕]
「関越えて―の森の会はずとも清水に見えし影を忘るな」〈後撰・恋四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あわず〔あはづ〕【粟津】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

粟津
あわづ

滋賀県大津市南部の地名。瀬田川と琵琶(びわ)湖南西岸に面し、古くから交通の要地であった。『日本書紀』の壬申(じんしん)の乱の記述にも粟津の地名がみえる。大友皇子が敗れたのも、源(木曽(きそ))義仲(よしなか)が戦死したのもこの地である。平安時代には粟津御厨(みくりや)が置かれ、粟津供御人(くごにん)によって湖魚が朝廷に貢進された。鎌倉時代には粟津荘(しょう)、南北朝時代には粟津別保が置かれ、近世には膳所(ぜぜ)藩城下に含まれ、惣門(そうもん)(勢多(せた)口)が設けられた。現在はJR東海道本線(琵琶湖線)、京阪電鉄、国道1号が通じ、東レ(株)を中核とする工業地域で、住宅や商店が混在し、かつての近江(おうみ)八景の一つ「粟津の晴嵐(せいらん)」のおもかげはみられない。義仲寺(ぎちゅうじ)には義仲や松尾芭蕉(ばしょう)の墓がある。

[高橋誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あわづ あはづ【粟津】
滋賀県大津市南部の地名。琵琶湖に臨む松原は粟津が原と呼ばれ、近江八景の一つ、「粟津の晴嵐(せいらん)」で知られた。木曾義仲戦死の地。
※後撰(951‐953頃)恋四・八〇一「関こえてあはづのもりのあはずともし水に見えしかげをわするな〈よみ人しらず〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あわず あはづ【粟津】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粟津」の用語解説はコトバンクが提供しています。

粟津の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation