@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【アワ】

デジタル大辞泉

あわ〔あは〕【×粟】
イネ科の一年草。五穀の一。高さ約1.5メートル。葉は細長く、互生する。秋、茎の頂に長く太い円柱形の花穂を1本出す。実は小粒で黄色。糯(もち)粳(うる)とがある。古くから栽培され、粟飯粟餅などにして食べ、また飴(あめ)・酒の原料、小鳥の飼料にする。 秋》「―垂るる修学院の径(こみち)かな/風生
恐怖や寒さのため、皮膚一面にできる粟粒のようなぶつぶつ。「肌にを生じる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞく【×粟】
あわ。
穀類。また、扶持米。「を食(は)む」
「金を軽くし―を重くす」〈方丈記
容積単位(しゃく)の1万分の1。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞく【粟】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ゾク(慣) [訓]あわ
穀物の名。あわ。「粟散粟粒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

粟 (アワ)
学名:Setaria italica
植物。イネ科の一年草,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粟 (コアワ)
学名:Setaria italica var.germanica
植物。イネ科の一年草

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞく【粟】
〘名〙
① 粟(あわ)。また、日ごろ食する穀類や官吏に与えられる扶持米をいう。
※菅家文草(900頃)四・納涼小宴「遠望苗抽一レ緑、遙思粟衍一レ紅」
※方丈記(1212)「たまたま換ふるものは金を軽くし、粟を重くす」 〔書経‐仲虺之誥〕
② 容積の単位。圭(けい)の一〇分の一。勺の一万分の一。
③ 植物「こあわ(小粟)」の漢名。
④ 「もちごめ(糯米)」の異称。〔薬品手引草(1778)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

粟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation