@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

精密機械【セイミツキカイ】

デジタル大辞泉

せいみつ‐きかい【精密機械】
高度の精密さを要求される機械総称時計顕微鏡・カメラ・計量器工作機械など。精機

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいみつきかい【精密機械】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいみつきかい【精密機械】
機構が細かな部分からなっていて、高度な精密さが必要とされる機械。工作機械・光学機械・測定計器・時計など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

精密機械
せいみつきかい
precision machine
製作誤差の範囲がきわめて小さく、精度の高い機械。形状の大小には関係なく、腕時計のような小さなものから宇宙ロケットのような巨大なものまである。一般には測定機器、カメラ、時計、ミシン、電子計算機など、高い精度を要求する機器を総称して精密機械とよんでいる。
 精密機械は、構造が複雑で高度な加工および組立技術を要し、機械を構成している部品要素の材料には良質のものが使用される。また、高級工作機械による精密加工が必要とされるが、精密加工を施した部品要素があるからといって精密機械であるとは限らない。たとえば、土木機械や農業機械は軸受や油圧系統にかなり高い精度が必要とされるが、機械の機能的精度はあまり高くなくてもよく、その精度限界が判然としていないので精密機械とはいわない。また、精巧にできているからといってかならずしも精密機械であるとは限らない。たとえば、玩具(がんぐ)でもたいへん精巧、精細につくられているものがあるが、機能が定性的で定量的な基準がなく、精度の限定がないので、精巧な機械ではあるが精密機械とはよばない。[清水伸二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいみつ‐きかい【精密機械】
〘名〙 比較的複雑な機構を持ち、部品および組立に高い精度を必要とする機械の総称。測定機器・カメラ・顕微鏡・時計など。精機。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精密機械」の用語解説はコトバンクが提供しています。

精密機械の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation