@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

精神療法【せいしんりょうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

精神療法
せいしんりょうほう
psychotherapy
心理療法ともいう。心理的,ことに情緒的混乱に対する治療法をいうが,情緒的混乱に関する理論はいくつかあり,それらに基づいて精神療法の技法もいくつかに分れている。井村恒郎によれば次の4つに分類される。 (1) 支持法 相手を安心させるために説得したり,保証を与えたり,励ましたり,助言を与えたりする。環境を変えることで成果をあげようとする間接法もこのなかに含まれる。 (2) 表現法 抑圧されている不満や敵意を十分に聞き,汲取ることで発散をはかる。 (3) 洞察法 本人が自分の病理性をみずから洞察するように取計らう。 (4) 訓練法 現実の体験をやり直させることで心理的構えを修正する。なお精神療法は,個別に面接を行う場合と,集団活動で行う場合とがあり,後者集団精神療法と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいしんりょうほう【精神療法 psychotherapy】
疾病の治療法には,身体そのものに働きかける治療法(外科手術薬物療法等)と心に働きかける治療法とがあり,後者を一般に精神療法(心理療法)という。対象となるのは,危機または葛藤状態にある心であり,不安やそれに伴う怒りや苦悩等の感情,不適切な行動および心身の異常ということになる。したがって,神経症や心身症がおもな対象疾患であるが,不安がその経過を左右しているものも対象となる。すなわち,精神病から非行登校拒否等の半健康状態はいうまでもなく,危機の大きな疾病(等)や闘病が強いられる慢性の疾病(糖尿病等)にも必要とされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいしんりょうほう【精神療法】
心理学的方法によって精神病者の病状の鎮静治癒を図る治療法。精神分析療法・集団心理療法・催眠療法・作業療法などの方式がある。心理療法。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

精神療法
せいしんりょうほう
psychotherapy
理学的機器を用い物理的手段によって治療を行う理学療法や、医薬を用いる薬物療法などに対比して、主として心理的操作、さらには治療者と治療または援助を受けるクライエントclient(来談者、クライアント)との間の治療的人間関係を媒介として、症状からの解放や生の構えの再構成を目ざす療法をいう。サイコセラピーは心理療法とも訳される。初めてその訳語を用いた精神医学者井村恒郎(いむらつねろう)(1906―81)は、精神療法という語には、宗教的教義を背景に新興宗教などで行われる「癒(いや)し」などと紛らわしく受け取られるものがあり、科学的検討を経ない呪術(じゅじゅつ)的印象を読み取るものが多いのでこれを退け、心的手段による治療も科学的根拠をもつ理論にたつべきことを強調する意図であるという。しかし、心的手段によるとはいっても、主として治療者とクライエントとの間の言語的あるいは非言語的コミュニケーションを媒介として人間関係のあり方そのものをも取り上げることが多く、その点では実存としての治療者とクライエントとの全人間的存在が問題となるという意味では精神療法という用語も捨てがたいとされ、両訳語とも用いられているのが現況である。とくにクライエントの実存的欲求不満に病因をみるオーストリアの精神医学者フランクルViktor Emil Frankl(1905―97)のロゴテラピーLogotherapie(ドイツ語)のごときは、むしろ精神療法とよぶほうがふさわしいといえよう。
 精神療法のおもな目標は、意識的あるいは無意識的な葛藤(かっとう)に原因をもつ、いわゆる心因性の適応障害者を再適応に導くことにある。したがって適応症は、精神神経症、心身症、身体的疾患の神経症的加重、性格の軽い偏りによる適応障害などである。統合失調症(精神分裂病)などのような精神病は適応外とされたが、近年は薬物療法以外に、あるいはこれと併用して精神療法が行われることが多くなっている。発症原因についての見解も変わり、心因の関与を認める一方、精神療法にも技法的、理論的な新しい展開をみたためである。いずれにせよ、精神療法を施すに際しては対象の選択が正しく行われ、適切な治療法が選ばれなければならない。治療者は鑑別診断のできる知識と技能をもつとともに、それに必要な精神療法の技法上の修練を積んでいることがたいせつである。不適切な精神療法は、かえって苦悩を増強することもある。
 精神療法にはそれぞれの理論体系とそれを基本とした技法をもつ諸療法があるが、指示的療法と非指示的療法に大別される。指示的療法は、治療者が自己の価値観に基づいてクライエントの思考や感じ方を強力に導こうとする療法であり、非指示的療法は、治療者がクライエントとの間に相互信頼と意思疎通性による治療的人間関係を保ちつつ、治療者の援助のもとにクライエント自らの価値観に従って正しいと思う方向に解決の道をみいださせていき、ときには価値観の変革を達成させていく療法である。今日、日本で多くの支持者をもつ精神療法のうち、代表的な指示的療法としては森田正馬(まさたけ)(1874―1938)が創始した森田療法があり、代表的な非指示的療法としてはアメリカの心理学者ロジャーズCarl Ransom Rogers(1902―87)が提唱したクライエント中心療法をあげることができる。森田療法と並んで日本でも広く行われている精神分析療法でも、その創始者であるフロイトは治療者の中立性を強調したが、その直弟子のなかにはすでに治療者の積極的関与を必要と考えるものがいるなど、かならずしも指示・非指示の区別は容易ではないことが多い。
 精神療法の治療機序としては、後(ご)催眠暗示や説得などによって適応強化を図る支持療法、症状についての苦悩やその端緒となった状況などの言語的あるいは行動的な表出を通じての鬱積(うっせき)した情緒の発散、意識的あるいは無意識的レベルでの葛藤状況および適応失敗としての症状形成への洞察、脱感作(かんさ)法などの訓練や修正的再体験による再教育または適応の再編成などがあげられているが、どの療法でもまったく単独の機序によるものではなく、互いに入り組んだ複数の機序が働くものと考えるべきである。[懸田克躬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいしん‐りょうほう ‥レウハフ【精神療法】
〘名〙 患者の治療の間に生じる心理的交流を通じて精神に影響を与え、病気を治療する療法。支持、説得、暗示、催眠、精神分析、訓練などで、人格的発達を援助する。心理療法。心理治療。
※みゝずのたはこと(1913)〈徳富蘆花〉「心霊の交感、精神療法と、話は色々に移って往った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいしん‐りょうほう〔‐レウハフ〕【精神療法】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

精神療法

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精神療法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

精神療法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation