@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

精米歩合【セイマイブアイ】

とっさの日本語便利帳

精米歩合
に対して、磨いて残った白米重量。率が低いほど米を磨いたことになり、味はすっきりして高級酒の部類に入る。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

デジタル大辞泉

せいまい‐ぶあい〔‐ブあひ〕【精米歩合】
白米玄米に対する重量の割合。例えば、精米歩合70パーセントとは、玄米の表層部を30パーセント削ることをいう。
[補説]酒造では、米の胚芽や表層部に含まれるたんぱく質・脂肪・ビタミンなどの成分が多すぎると味や香りが悪くなるため、精米して表層部を削る。精米歩合が60パーセント以下の清酒には「吟醸酒」、50パーセント以下のものには「大吟醸酒」の名称を用いることができる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精米歩合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

精米歩合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation