@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

精舎【しょうじゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

精舎
しょうじゃ
vihāra
出家修行者がとどまって修行する堂舎のこと。寺院に用いられる場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐じゃ〔シヤウ‐〕【精舎】
《〈〉vihāraの訳》が仏道を修行する所。寺院。寺。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐しゃ【精舎】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうじゃ【精舎】
サンスクリットのビハーラの漢訳語で,仏教寺院のこと。仏道に精進する者が住む舎という意味。釈迦が主として説法した五つの僧院たる祇樹給孤独園(ぎじゆぎつこどくおん)精舎,鷲嶺(じゆれい)精舎,獼猴江(みこうこう)精舎,菴羅樹園(あんらじゆおん)精舎,竹林精舎天竺五精舎といい,なかでも須達(しゆだつ)長者舎衛城の南にたてた祇樹給孤独園精舎は,祇園精舎略称で,日本の文学でも親しく用いられた。中国や日本における五山の制は,天竺五精舎にならったものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

精舎
しょうじゃ

仏道修行者の住居で、一般に僧院、寺院ともいう。パーリ語のアーラーマārāma、サンスクリット語のビハーラvihāraの訳。道に精進する僧尼が住む堂舎という意味である。精舎の始まりは王舎城(おうしゃじょう)の竹林(ちくりん)精舎であり、また須達(スダッタ)長者が釈尊(しゃくそん)(釈迦(しゃか))に寄進した舎衛城(しゃえいじょう)(シュラーバスティー)の祇園(ぎおん)精舎とともに有名である。

[阿部慈園]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐じゃ シャウ‥【精舎】
〘名〙 (vihāra の訳語。智徳を精練する者の屋舎の意) 仏語。僧侶が仏道を修行する所。てら。寺院。
※続日本紀‐養老二年(718)一〇月庚午「其居非精舎、行乖練邪、任意入山」
※反故集(1671)上「世人は精舎(シャウジャ)を穢して逍遙の園と作(なし)」 〔翻訳名義集‐七〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐しゃ【精舎】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精舎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

精舎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation