@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

精錬【セイレン】

デジタル大辞泉

せい‐れん【精錬】
[名](スル)
精練1」に同じ。
粗金属から不純物を除いてのよいものにすること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐れん【精錬】
〘名〙
① よくねりきたえること。十分に練習すること。
※艸山集(1674)一四・和欧陽読書詩「中有金剛宝、時把加精錬」 〔越絶書‐越絶外伝計倪〕
② 原料鉱石から必要とする金属を抽出する操作をいう。鉱石を溶融状態にして金属と非金属などに分離する高温化学反応を利用した乾式法と、水・希硫酸などの溶媒で金属を分離する湿式法とがある。
※舎密開宗(1837‐47)内「金と他金属の和合、及び金を精錬する法は」 〔王褒‐四子講徳論〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精錬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

精錬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation