@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ほしいい】

世界大百科事典 第2版

ほしいい【糒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


ほしいい
米を一度煮たり蒸したうえで、天日に干した飯。乾(干)飯とも書き、「ほしい」「かれい(い)」ともいう。出征、旅行などのときに所持した携帯食で、水か湯につけて柔らかくして食べた。古代の兵士食として、「凡(およ)ソ兵士ハ人別ニ糒六斗、塩二升備ヘヨ」(軍防令兵士備糒(びひ)条)とある。六斗は30日分の食料にあたるという。また、『日本書紀』允恭(いんぎょう)天皇7年12月壬戌(みずのえいぬ)条に、天皇の命令で派遣された中臣烏賊津使主(なかとみのいかつのおみ)が、拒み続ける衣通郎姫(そとおしのいらつめ)を召すため、庭先に伏して懐中の糒を食べながら衣通郎姫の受諾をじっと待った話を載せている。[明石一紀]
『関根真隆著『奈良朝食生活の研究』(1969・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほしい ほしひ【糒】
〘名〙 「ほしいい(干飯)」の変化した語。
※書紀(720)允恭七年一二月(図書寮本訓)「飲食(みついひ)を与(あた)ふれども飡(くら)はず。密(しのひ)て懐中(ふつころ)の糒(ホシヒ)を食(くら)ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほしい〔ほしひ〕【×糒】
ほしいい」の音変化。
「水に浸した―や」〈菊池寛・俊寛〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

糒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation