@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

糖タンパク質(糖蛋白質)【とうたんぱくしつ】

世界大百科事典 第2版

とうたんぱくしつ【糖タンパク質(糖蛋白質) glycoprotein】
糖鎖を共有結合したタンパク質を糖タンパク質,あるいはグリコプロテインとよぶ。かつては,糖含量の多いものをムコタンパク質,少ないものを糖タンパク質とよんだが,現在ではこの区別はない。糖タンパク質は生物界に広く分布する。たとえば血漿(けつしよう)のタンパク質は,血清アルブミン以外のものはほとんどすべて糖タンパク質であり,その中には免疫グロブリン,補体,生殖腺刺激ホルモンフィブリノーゲントランスフェリンなどが含まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

糖タンパク質(糖蛋白質)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

糖タンパク質(糖蛋白質)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation