@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

糟糠の妻【そうこうのつま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

糟糠の妻
そうこうのつま

粗食をともにし、貧苦を分かち合ってきた妻女をいう。「糟」は酒粕(さけかす)、「糠」は糠(ぬか)の意で、粗末な食物のこと。中国、後漢(ごかん)の光武帝の姉湖陽公主が夫に死別してのち、風采(ふうさい)・人柄ともに優れた大尉の宋弘(そうこう)と再婚したいと願ったため、帝が公主を物陰に隠して宋弘に「人も富貴になれば妻をかえるのが普通だから、かえてみてはどうか」といったところ、「貧賤(ひんせん)の交わりは忘るべからず、糟糠の妻は堂を下さず(見捨てない)と聞いております」と答えたため、帝は公主に「この望みはかなわぬことだ」と告げた、と伝える『後漢書(ごかんじょ)』「宋弘伝」の故事による。

[田所義行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうこう【糟糠】 の 妻(つま・め)
貧しい時からつれそって苦労をともにしてきた妻。糟粕(そうはく)の妻。
※色葉字類抄(1177‐81)「糟糠妻不垂堂 さうかうノメヲハタウヨリオロサス」
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「糟糠(サウカウ)の妻は追出さず、子供は可愛がる」 〔後漢書‐宋弘伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

故事成語を知る辞典

糟糠の妻
酒かすや米ぬかしか食べられなかったような貧しいころから、連れ添って苦労を共にしてきた妻のこと。

[使用例] 糟糠の妻、モデルのルイズは、賤しき身の上の、今はや、如何いかにするとも夫の心をひきとむる事あたわざるを知りて[永井荷風*ふらんす物語|1909]

[使用例] 亡妻は、糟糠の妻で、かつ、いろいろ、家庭的な面倒をかけているので、その死を迎えて、感想がないわけがない[獅子文六*娘と私|1953~56]

[由来] 「漢書そうこう伝」に出てくる、宋弘という大臣のことばから。紀元前一世紀のこと。かん王朝を開いたこうていは、夫を亡くした姉を再婚させたいと考えていました。姉にそれとなく話をすると、大臣の宋弘を気に入っているようす。そこで、光武帝は、姉を屛風の陰に座らせておいて、既婚者の宋弘を呼び寄せて、暗に離婚を勧めてこう言いました。「地位が上がると付き合う相手を変えるし、財産が増えると妻を変えるというのは、人情だな」。しかし、宋弘の答えは、「貧賤の交わりは忘るべからず、糟糠の妻は堂よりくださず(貧しかったころの友だちを忘れてはいけませんし、苦労を共にした妻を表座敷から追い出すなんてことは、しないものです)」。これを聞いた光武帝は、屛風の方に向かって「これは無理だ」と言ったことでした。

[解説] 皇帝の姉を妻にすれば、地位の安泰は約束されたようなもの。しかし、宋弘にとっては、苦労を共にしてきた妻の方が大事だったという次第。ただ、宋弘は光武帝をしばしばいさめた家臣ですから、このときも、皇帝だからなんでもできると思っている光武帝を、いさめたのかもしれません。

〔異形〕そうはくの妻/糟糠の妻は堂より下さず。

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうこう‐の‐つま〔サウカウ‐〕【××糠の妻】
貧しいときから連れ添って苦労をともにしてきた妻。→糟糠

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糟糠の妻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

糟糠の妻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation