@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

糸引【いとひき】

精選版 日本国語大辞典

いと‐ひき【糸引】
〘名〙
① 糸を引き伸ばすこと。また、糸を引き伸ばしたような状態になること。
※永録帳(古事類苑・産業一七)「信州濃州之糸挽共同道仕、奥州へ罷下り」
③ 糸を引いてするくじ引き。
※内裏式(833)十六日踏歌式「但糸引榛揩群臣踏歌竝停之」
④ 他の人を巧みにあやつり、行動させること。また、そのあやつる人。
※歌舞伎・彩入御伽草(おつま八郎兵衛)(1808)序幕「これにゃア、くっついて、糸引きをする奴がゐるな」
⑤ 仏などを合掌して拝むときに、その指先から糸のようなものが現われるという俗信。
⑥ (月経時は戸外労働をしないでもっぱら屋内で糸を紡いだところから) 月経、また出産の忌みことば。
※八丈実記(1848‐55)風俗「正月は名さゑも猶忌んで、糸引に出ると云へり」
⑧ 糸引き納豆をいう女房詞。
※醍醐寺文書‐永享四年(1432)一二月九日足利義教拝賀訪料足注文案紙背(年未詳一一月三日・性存書状)「将又糸引廿拝領仕候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糸引」の用語解説はコトバンクが提供しています。

糸引の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation