@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

糸遊【イトユウ】

デジタル大辞泉

いと‐ゆう〔‐ゆふ〕【糸遊】
陽炎(かげろう) 春》「―に結びつきたる煙かな/芭蕉
糸遊結び」の略。
「―などの末濃の御几帳」〈栄花・音楽〉
[補説](1)語源未詳で、歴史的仮名遣いを「いとゆふ」とするのは、平安時代以来の慣用。(2)「遊」は和語「いとゆふ」が陽炎の意の漢語遊糸(ゆうし)」の影響を受けてできた表記。(3)晩秋晴天の日にクモが糸を吐きながら空中を飛び、その糸が光に屈折してゆらゆらと光って見える現象が原義で、漢詩にいう糸もそれであるという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いと‐ゆう ‥ゆふ【糸遊イウ
〘名〙
① 春の晴れた日に、蜘蛛の子が糸に乗じて空を浮遊する現象。蜘蛛の糸が光を受けて流れ乱れるさまは、薄い絹織物(漢詩では「碧羅」)にたとえられる。また、蜘蛛の糸が光の加減で見えたり見えなかったりするところから、あるかなきかのものにもたとえられる。遊糸(ゆうし)。《季・春》
※和漢朗詠(1018頃)下「かすみ晴れみどりの空ものどけくてあるかなきかに遊ぶいとゆふ〈よみ人しらず〉」
② 春あるいは夏の晴れた日に、地面から立ちのぼる気。陽炎(かげろう)。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※宇津保(970‐999頃)祭の使「君達御簾あげて、いとゆふの御几帳ども立てわたし」
[語誌](1)和歌で、漢語「遊糸」を題として「いとゆう」の語が作られたものか。
(2)①が空中をあるかなきかに浮遊する現象であるため、地面から立ちのぼる大気が揺らめいてみえる気象現象の「陽炎(かげろう)」との混乱が生じたとされる。
(3)服飾に関する「いとゆう」には、「糸木綿」「糸結う」など諸説があるが未詳。なお、歴史的仮名遣いの「いとゆふ」は平安時代以来の慣用による。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糸遊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

糸遊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation