@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

糸黒穂病(ソルガム・スーダングラス)

飼料作物病害図鑑

糸黒穂病(ソルガム・スーダングラス)
19世紀終わりに関東地方で発生し、その後報告がなかったが、2004年に九州で再発した。穂ばらみ期から出穂期にかけて葉鞘を破って黒い糸状の菌糸体が露出し、大量の黒穂胞子を飛散する。黒い糸状の組織は発病後に残った植物組織で、大量の胞子層を伴い、これが本病特徴となる。黒穂胞子は地面に落ちて10年程度まで生存し、翌年の伝染源となる。

出典:畜産草地研究所

糸黒穂病(ソルガム・スーダングラス)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

糸黒穂病(ソルガム・スーダングラス)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation