@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

紀伊水道【きいすいどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紀伊水道
きいすいどう
紀伊半島と四国の間の海域東西約 30~55km,南北約 50kmで,西南日本外帯山地の撓曲運動による海水浸入により形成された。南は和歌山県日ノ御埼と徳島県蒲生田岬太平洋通じ,北は友ヶ島水道によって大阪湾に,鳴門海峡によって播磨灘に通ずる。友ヶ島水道を通って大阪,神戸,の各港に出入りする大型船舶の交通量が多く,和歌山市と対岸の徳島県小松島市との間にはフェリー運航両岸リアス海岸で景勝地が多く,友ヶ島水道,鳴門海峡付近は瀬戸内海国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きい‐すいどう〔‐スイダウ〕【紀伊水道】
紀伊半島四国との間にある海峡。南部太平洋に続き、北部瀬戸内海と通じる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きいすいどう【紀伊水道】
紀伊半島西岸と四国東岸との間に通じる水域で,太平洋と瀬戸内海とをつなぐ。《水路志》ではその範囲を,南は紀伊半島側の日ノ御埼(ひのみさき)と四国側の蒲生田(かもだ)岬を結ぶ線とし,北は淡路島までとする。東西幅30~55km,南北長約45km。北端は淡路島の東西両側にある友ヶ島水道(紀淡海峡),鳴門海峡によって,それぞれ大阪湾,播磨灘に通じる。西南日本外帯山地を横ぎる撓曲(とうきよく)運動によって沈降し,形成された水道で,沿岸は出入りの多いリアス海岸をなし,湯浅湾(紀伊半島側),橘湾(四国側)などの湾入に富む。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

紀伊水道
きいすいどう

和歌山県北西部と四国の徳島県東部の間の海域。東西約40キロメートル、南北約50キロメートルで、最狭部は和歌山県日ノ御埼(ひのみさき)と四国の蒲生田岬(かもだみさき)間の約30キロメートル。水深は20~100メートル。南部は太平洋に開き、北部は淡路(あわじ)島を挟んで紀淡(きたん)海峡で大阪湾と、また鳴門(なると)海峡によって播磨灘(はりまなだ)に通ずる。内海と外洋の魚族が回遊し漁業も盛んであるが沿岸の工業化も進み、船舶の航行が頻繁で本州側に和歌山下津港、四国側に徳島小松島港がある。

[小池洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きい‐すいどう ‥スイダウ【紀伊水道】
紀伊半島の西岸と四国の東岸にはさまれた海域。太平洋と瀬戸内海を結ぶ。西南日本の外帯山地の沈降により形成され、両海岸ともに相似のリアス式海岸をなしている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀伊水道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紀伊水道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation